気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

山本耕史はバイオリンを弾ける?母親や父親についても深掘り

2018/07/16
 

最近でいうと堀北真希さんと結婚したことで大きな注目を浴びましたね。

山本耕史さんはとても一途で堀北真希さんもそこにほれて本当にお似合いカップルだと思います。

山本耕史さんは昔から習い事たくさんしていたらしくいろんなことに挑戦していたみたいです。

そこで今回は、山本耕史はバイオリンを弾ける?という点と母親や父親について深掘りもしていきたいと思います。


山本耕史のプロフィール

山本耕史さんは日本の俳優、歌手です。

1976年10月31日うまれの41歳。

妻は元女優の堀北真希さんです。

山本耕史さんは0歳の頃から乳児モデルとして活動

1987年の10歳の時に「レ・ミゼラブル」で少年革命家ガブローシュを演じて、舞台デビュー。

1993年の16歳の時に連続ドラマ「ひとつ屋根の下(フジテレビ)」で車椅子の少年・文也を演じ一般の人に名前が浸透する。

2005年には、「第56回NHK紅白歌合戦」のしろ組司会に見事抜擢されました。

妻の堀北真希さんとの出会いは、2009年に連続ドラマ「アタシんちの男子」で初共演を果たしたことが始まりです。

その後、2010年のスペシャルドラマ「我が家の歴史」で夫婦役を演じ再共演します。

付き合った期間はなく「0日婚」とされていて、デートなども行ったことがなかったらしく、結婚してから初デートだったらしいです。

山本耕史さん自身記憶のない0歳から仕事を始めているので本当に立派ですよね!

バイオリンが弾ける?

調べてみたところ、山本耕史さんがバイオリンを弾けるという情報はなかったのですが、ドラマの役でバイオリンを弾いていたみたいです。

そのドラマというのが「トットちゃん!」という清野菜名さんと松下奈緒さんのW主演のドラマです。

概要は、黒柳徹子さんの半生を描いているもので、黒柳徹子さんが生まれる前の話から、テレビ女優第一期生として活動したNHK時代や、今までの恋の話など、様々な出来事を物語っています。

山本耕史さんは、黒柳徹子さんの父・黒柳守綱さん役として出演しました。

その黒柳守綱さんが戦中を生きた日本を代表するバイオリニストとして活動しており、朝とバイオリンを愛する自由人という役どころを演じました。

母親と父親は何者?


山本耕史さんはワイツーカンパニーという母親が社長の事務所に所属しております。

そこで気になるのが、「母親と父親って何者?」というところなんですが、

山本耕史さんのお母さんは以前に歌手をされていたみたいです。

お父さんはに関しては情報を探してみたところ見つけることができませんでした。

ただ、両親とも競馬が好きなようで、よく競馬場に連れて行ってもらったみたいです。

まとめ

・山本耕史さん自身がバイオリンを弾けるのではなく、「トットちゃん!」というドラマでバイオリンを弾く役を演じていた。

・母親は元歌手で、父親は競馬が好きでよく家族を競馬場に連れてっていた。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.