気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ラプラスの魔女の謙人と円華のその後は?2人の能力に違いはあるの?

2018/05/07
 

※この記事にはネタバレが含まれています。

ラプラスの魔女を読んで気になることって甘粕 謙人(あまかす けんと)と羽原 円華(うはら まどか)のその後どうなったのかについてですよね。

それとラプラスの魔女は難しくてよくわからないという声も多いのですが、

全体としてわからないのではなく2人の能力についてあまり理解出来ないとのことでした。

そこで今回はラプラスの魔女についてですが、

ラプラスの魔女の謙人と円華のその後は?という点と2人の能力に違いはあるの?という点について深掘りしていきたいと思います。

謙人と円華のラストについて

謙人のラスト

ダウンバーストが起きた後に円華に引き止められる謙人でしたが、

結局のところ振り切って円華たちのことを振り返ることなくどこかへ消えていってしまいました。

その後は行方不明となっています。

犯人は謙人だったわけですが、

謙人による硫化水素ガス事故は警察によってもみ消されて違う犯人がいるということで処理されました。

円華のラスト

事件の謎がすべて解けてとりあえず一段落したということもあり、

円華はまた数理学研究所での生活に戻ります。

事件の内容や真相においては永遠に口外しないということになりました。

謙人のその後は?

非常に謙人や円華のその後がどうなったか気になる終わり方でしたよね。

行方不明になってしまった謙人のその後はどうなってしまったのでしょう。

ラプラスの悪魔となってしまったので人が多いところには住まないであろうと考察しています。

なんでも計算でわかってしまい未来が予想出来てしまう謙人ですから仕事だってなんでも出来ます。

ですが先程も書いたように人が多いところには住まないと思うので、

島や山奥などで自給自足していくのでは?と思われます。

円華のその後は?

円華のその後はどうなってしまったのでしょうか。

円華は今回と同じようにこれからも事件への助言をしていくのではと考察しています。

前日談である魔力の胎動でもずっと助言をしてきたのでそこは変わらないのではないでしょうか。

強盗事件なども解決していたので助言を求められるなんてことも考えられます。

映画ではどのように描くのかも気になりますね。

2人の能力の違いは?

謙人と円華2人の能力の違いについてですが根本的なところでは変わりません。

2人あの能力を一言で説明すると、

物理的に解析したり、複雑な計算を瞬時に行うことでこれからなにがどうなって何が起こるかをすべて予想することが出来るということです。

なので能力自体は一緒なのです。

違うのは能力のレベルだけですね。

原作の小説にはそのことについて深く触れていなかったので詳しくはわかりませんが、

おそらく能力のレベルぐらいは同じだと思います。

というのもお互いに押されている様子がなかったからです。

東野圭吾さんの小説にしては珍しいSF要素の入った小説でしたが、

非常に面白かったですし、映画も楽しみです。

実際の映画では

謙人のその後は行方不明となったので原作と同じでしたね。

厳密に言うと円華に引き止められるシーンはなかったのですが、

気づいたらいないと言う感じでした。

円華についてのその後については触れていませんでしたね。

ちなみに謙人のお父さんが自殺でなくなったというのも同じでした。

まとめ

・謙人のその後は人があまりいないところに住む

・円華は事件への助言を続けていく

・2人の能力は根本的な部分は同じで能力のレベルが違うだけ

 

以上、甘粕 謙人(あまかす けんと)と羽原 円華(うはら まどか)についてのまとめでした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

<<魔力の胎動(東野圭吾)の小説ネタバレは?ラプラスの魔女と繋がりがある?いる?

<<ラプラスの悪魔の意味とは?小説ラプラスの魔女との関係性についても

<<ラプラスの魔女の原作小説のネタバレは?映画との違いはあるの?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.