TV番組

高橋メアリージュンは難病でオムツはいてた?プロフィールについても

高橋メアリージュンさんといえばくっきりとした顔立ちでとてもきれいですよね。

というのもお父さんは日本人でお母さんがフィリピン人でハーフだからみたいです。

妹さんの高橋ユウさんもモデルとして活躍していて、お兄さんもプロサッカーとてし活躍しているのでまさに華麗なる一族って感じですよね。

そんな高橋メアリージュンについて深掘りしていきたいんですが、

今回は、難病でオムツはいていた?ということとプロフィールについて書いていきたいと思います。


高橋メアリージュンのプロフィール

高橋メアリージュンさんは日本の女性ファッションモデル、女優として活動しています。

メアリーやメアなどの愛称もあります。

1987年11月8日生まれの30歳。

生まれは京都府ですが、育ちは滋賀県だそうです。

デビューは2003年の8月に「横浜・湘南オーディション2003」でグランプリをとったことをきっかけに、翌年の2004年の4月から「CanCan」の専属モデルになりました。

2007年からは歌番組やバラエティ番組やドラマなど活動の場を広げました。

2012年にはNHK連続ドラマ小説「純と愛」でマリヤを演じるなどしています。

2012年に「CanCan」の専属モデルは卒業したんですが、その後は、「CLASSY.」や「oggi」や「GINA」などの雑誌に姿を見せています。

テレビであったり雑誌であったり様々なところで活躍されているのでこれからもどんどんいろんなことに挑戦してほしいですよね!

難病でオムツをはいてた?

高橋メアリージュンさんがご自身でもツイッターで発表していたんですが、難病にかかってしまったんですよね。

その難病というのが、潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)という病気です。

この病気の原因はまだ未解明なんですが、主に、清潔すぎる環境、ストレス、腸内細菌の以上、食生活の乱れ、などが考えられています。

症状は、下痢、血便、腹痛、などや、ひどくなると、発熱、体重減少、貧血、といったものも見られます。

治療によっては改善しても数ヶ月から数年後には再び悪化しまうケースもあるそうです。

高橋メアリージュンさんはどんな状況でも症状がでても大丈夫なようにオムツをはいて仕事をしていたみたいです。

現在の状況


潰瘍性大腸炎という病気はなかなか治すのが難しいみたいで、長年闘っていく感じらしいのです。

ですが、高橋メアリージュンさんは無事2015年に病気を乗り越え健康体になったことを報告しています。

難病ということで治るまでに苦悩や葛藤もあったと思いますが、本当に良かったです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

正直自分が難病になったらと考えたら怖いですよね。

それでも芸能活動を疎かにせず、日々奮闘していた高橋メアリージュンさんにたくさん勇気と元気をもらいました。

これからもモデルに女優、そしてバラエティでもたくさん活躍してほしいですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!