気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ツーリストのエリーズはフランクの正体にいつ気づいた?最後の口パクは何?

2018/07/16
 

2010年にアメリカで公開された映画「ツーリスト」はジョニー・デップとアンジェリーナ・ジョリーが共演したことで大きな反響を呼びましたね。

日本でも公開されましたが興行収入20億円を大ヒットを記録しました。

映画は素晴らしいものとなっていますが、一つ気になる点があります。

それはエリーズがフランク(アレクサンダーピアース)の正体にいつ気づいたのかです。

そこで今回はツーリストについてですが、

ツーリストのエリーズはフランクの正体にいつ気づいた?という点と最後の口パクは?という点について深掘りしていきたいと思います。


正体に気づいたのはいつ?

ツーリストといえばアレクサンダーやフランクがよくわからないことでも有名ですが、

そのよくわからないフランクの正体にエリーズはいつ気づいたのかタイミングもいまいちわかりません。

なので個人的な考察も兼ねてまとめていきます。

最初から気づいていた?

これも考えられることですが最初から気づいていたのかも知れません。

まずラブシーンのときにキスをするのですが毎回キスをしている恋人同士ならこの人がどいういうキスをするかということは分かると思われます。

なのでそこで気づいてもおかしくはないのです。

それと数学教師のシーンでも出来過ぎな印象がどうしても拭えないですよね。

あえて気づいていたけど気づかないふりをしていたとも考えられます。

金庫を開ける前の場面?

最も有力と言われているのは金庫を開ける前の場面です。

ここのシーンは結末付近ですが、

フランクが金庫を開ける前の場面のシーンでの会話です。

フランク「まだ彼のことが好きなの?」

ピアーズ「あなたを愛している、でも彼のことも愛している」

となっています。

そしてフランクが金庫を開けて終わりを迎えます。

となるとやはり金庫を開ける前の場面で気づいたとなるのが普通です。

金庫の暗証番号はフランクが知っていたので、アレクサンダーが金庫の番号を押したことで気づいたのでしょう。

最後の口パクは何?

結末の金庫のシーンではエリーズとフランクのやり取りがあるのですが、

そこでエリーズが口パクでなにかのセリフを言うのですが一体なんと言ったのでしょう。

それは「I love you(愛してる)」ですね。

このシーンでは誰もが心うたれましたよね。

NG映像集ではジョニー・デップとポール・ベタニーが口パクで「I love you(愛してる)」を言い合っているのも

かわいいと話題になっていましたね。

どちらもかなりのハンサムですから一度でもいいから言われてみたいですよね(笑)

まとめ

・正体に気づいたのは金庫を開ける前の場面が有力

・最後の口パクは「I love you」

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.