気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

22年目の告白のラストの看板の意味はなに?闇を追いかけての内容は?

2018/06/08
 

映画「22年目の告白」が金曜ロードショーで放送されますが、

地上波では初となるのでネット上ではかなり注目を集めています!

作品としても評価が高い映画なので放送されるのが非常に楽しみですよね^^

22年目の告白のラストではサイト看板に焦点を当てていくのですが、あの看板にはどのような意味があるのでしょうか。

そこで今回は22年目の告白についてですが、

22年目の告白のラストの看板の意味はなに?という点と闇を追いかけての内容は?という点について深掘りしていきたいと思います。

22年目の告白について

予告

基本情報

公開日 :2017年6月10日
主題歌 :感覚ピエロ「疑問疑答」
監督  :入江悠
キャスト:藤原竜也・伊藤英明・夏帆・野村周平・石橋杏奈・竜星涼・早乙女太一・平田満・岩松了・岩城滉一・仲村トオル

あらすじ

1995年、東京で5件の連続絞殺事件が起きた。
警察の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。
それから22年の月日が経ち、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。
その男の名前は曾根崎雅人。
彼の書いた告白手記はベストセラーとなり、
一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

ラストの看板の意味は?

ラストでは事件が無事に解決して終わりかと思われましたが、

ワンシーンがありました。

それは牧村航と岸美晴が曾根崎雅人の見送りのために空港に来ていたシーンですね。

そこで曾根崎は最後飛行機に向かって歩いていくわけですが、

歩いていく曽根崎にカメラの焦点が合っていくのではなく、

上にある看板に焦点があっていきました。

そこには仙道が獄中で執筆したであろう「闇を追いかけて」という本の宣伝広告でした。

本当にラストだったので劇中では「闇を追いかけて」については触れていませんでした。

では一体どのような内容なのでしょうか。

闇を追いかけての内容は?

仙堂が書いた本「闇を追いかけて」は一体どのような内容だったのでしょう。

それはおそらく手記だと思われます。

手記とは自分で体験したことや、感想などを書きつづったもののことをいいます。

なので獄中で手記を書いてすぐに今までの告白本として「闇を追いかけて」を出版したんでしょう。

公式にも小説版にも「闇を追いかけて」についての情報はのっていなかったで、

おそらく小説では売られていないですし、作られていないです。

なので物語を完成させる上で仙堂が告白本を書いたという事実だけがほしかったのかもしれません。

・看板は「闇を追いかけて」の宣伝広告

・闇を追いかけての内容は自身の告白本

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

↓関連記事↓

22年目の告白ラストで海外のどこへ行くの?最後のシーンの意味とは?

22年目の告白の最後の刺した人は誰?ラストでは戸田が関係している?

22年目の告白の1件目の事件は定食の店主?殺された5人の内の1人は誰?

22年目の告白の牧村里香の最後の言葉は?口パクで発言した内容は?

22年目の告白のMEGUMI役のキャストは誰?一件目の事件の被害者?

22年目の告白の曽根崎が耳打ちした内容は何?後々の伏線だった?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.