気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

22年目の告白の曽根崎が耳打ちした内容は何?後々の伏線だった?

2018/06/08
 

社会派サスペンス映画「22年目の告白」

2週連続で興行収入ランキング第1位を記録しただけではなく、

2017年の邦画ランキングでは10位を獲得するという大ヒット作品となりました。

劇中では曽根崎が耳打ちをするシーンがあるのですが、それが予告とは違ったということで

いい意味で騙された方が続出しましたね!

そこで今回は22年目の告白についてですが、

22年目の告白の曽根崎が耳打ちした内容は何?という点と後々の伏線だった?という点について深掘りしていきたいと思います。

22年目の告白について

予告

基本情報

公開日 :2017年6月10日
主題歌 :感覚ピエロ「疑問疑答」
監督  :入江悠
キャスト:藤原竜也・伊藤英明・夏帆・野村周平・石橋杏奈・竜星涼・早乙女太一・平田満・岩松了・岩城滉一・仲村トオル

あらすじ

1995年、東京で5件の連続絞殺事件が起きた。
警察の捜査もむなしく時効を迎え、迷宮入り事件となる。
それから22年、派手なパフォーマンスとともに堂々と自分が犯人だと名乗り出た男が現れた。
その男の名前は曾根崎雅人。
彼の書いた告白本手記はベストセラーとなり大ヒットを記録する、
一躍時の人となった曾根崎の行動は日本中を翻弄する。

耳打ちした内容は何?

これは予告でも注目されていたシーンの一つですが、

その中で耳打ちのシーンがあって、

曽根崎が病院に訪れて院長に土下座して謝った直後に

牧村航が現れて話し合いになります。

そして曽根崎が握手を求めますがそれを拒否された直後に耳元に近づき何かを発言したと言う感じでした。

予告では「あんたがどんくさいから5人も死んだんだよ。」


※予告では15秒からセリフが始まります。

ですが本編では全く違うことを発言していました。

予告と同じシチュエーションのときは耳打ちしたときは無音になってしまい何を行っているかわからなかったのですが、

終盤の方で耳打ちの謎がとけました。

どうやら実際の本編ではあの場面で

「今、俺を殴ってください」

といっていたのです。

これには視聴者も騙された方がほとんどではないでしょうか。

私も予告をちゃんと観てから映画を見に行きましたが、ぜんぜん違うことを行っていたので驚いたのを覚えています(笑)

後々の伏線だった?

本編では「今、俺を殴ってください」といっていましたが、

完全に後々の伏線でしたね。

実際の耳打ちのシーンは序盤の方ですが、これが明かされたのは終盤の方なのでそこであれは伏線だったのかとわかった方が多いと思われます。

序盤のときには曽根崎と牧村航がグルということがわかっていない状態なので、

完全に伏線へと繋がりました。

映画を見ているとラストの結末がわかってしまう物語が多いですが、

22年目の告白はちゃんと伏線を散りばめながらも最後まで真犯人が分からないので

見ごたえが本当にすごい作品ですね。

まとめ

・口パクは「今、俺を殴ってください」と言っていた

・完全に後々の伏線だった

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

↓関連記事↓

22年目の告白ラストで海外のどこへ行くの?最後のシーンの意味とは?

22年目の告白の最後の刺した人は誰?ラストでは戸田が関係している?

22年目の告白の1件目の事件は定食の店主?殺された5人の内の1人は誰?

22年目の告白の牧村里香の最後の言葉は?口パクで発言した内容は?

22年目の告白のラストの看板の意味はなに?闇を追いかけての内容は?

22年目の告白のMEGUMI役のキャストは誰?一件目の事件の被害者?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.