気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

中園ミホは朝ドラの作品の評判は?結婚していて夫と子供がいる?

2018/07/16
 

「ハケンの品格」や「Doctor-X 外科医・大門未知子」など有名ヒット作をたくさん世に排出している中園ミホさんですがどんな方なんでしょうか。

「Doctor-X 外科医・大門未知子」は視聴率がよく通算にしてシリーズ5本スペシャルを一本やってます。

あの米倉涼子さん演じる大門未知子の「失敗しないので」という名言はよく真似しましたね(笑)

今回は、中園ミホは朝ドラの作品の評判は?というところと結婚していて夫と子供はいるの?という部分について語っていきたいと思います。


中園ミホについて

中園ミホさんは日本の脚本家です。

1959年7月16日生まれの58歳です。

東京都中野区出身。

日本大学芸術学部卒業。

10歳のときに父親を亡くしてしまい、19歳のときに病気の母がなくなります。

大人になる前に両親がいなくなるってかなり辛いですよね…。

大学の学費やマンションなどを母が用意していてくれたらしく、生活は困らなかったみたいです。

卒業後は、広告代理店に入社するも、1年3ヶ月で退職します。

その後、コピーライターや占い師などの職業を経験します。

占い師になったきっかけは、もともと14歳のときに母親の友人であった2人の占い師の方に四柱推命を教えてもらったことがあり、広告代理店を退職したあとに、もう「生きていくには占いをやるしかない」と決意したことから始まったそうです。

偶然しりあった脚本家の田中陽造の清書係になったあとに、脚本家の桃井章と知り合ったことをきっかけにシナリオライターになったそうです。

1988年に「ニュータウン仮分署」で脚本家としてデビューします。

最近では、脚本家のかたわら、トークショーなどもやっていて自身の経験なども語っているみたいです。

朝ドラの作品の評判は?

中園ミホさんは脚本家としてかなり有名でテレビドラマの脚本をしていることが多いのですが、

実は「花子とアン」という作品で朝ドラの脚本もしていたんですよね。

その朝ドラの評判はどうなの?というところですが。

ネットやツイッター上では、

「仲間由紀恵さんの演技がとても魅力的でひきこまれた」

「しっかり構成で、かなり役柄もハマっていて、セリフもよく練られていた」

「登場人物一人一人に愛情を感じてとてもいい作品」

などいい意見もありましたが、それとは反対に、

「ストーリーや全体の作りは良かったが、主演の吉高由里子さんに感情移入できなかった」

「ノンフィクションとしてやるなら、もっと本人を掘り下げなきゃだめだ」

など厳しい意見もあるみたいです。

結婚していて子供はいるの?

1993年のときに未婚のまま長男を産んでいるんですよね。

そのままシングルマザーとして女手一つで育てているのですが、

なぜ結婚しなかったの?というところですよね。

色々調べてみた結果、中園ミホさんの息子さんの父親について一切情報がないんです。

しかし、産んだのが1993年の34歳のときなのでその近辺で出会った脚本家の桃井章との息子なんじゃないか?というような噂があるようです。

まとめ

・朝ドラの「花子とアン」はいい意見もあり、それなりの厳しい意見もあった

・結婚はしていないが、長男については、脚本家の桃井章との子供なんじゃないかと噂されている

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.