気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

そして父になるの最後の終わり方がモヤモヤすぎて違和感がやばい?

2018/07/16
 

映画「そして父になる」は第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品され、

受賞をとり日本を代表する映画となりました。

その受賞は日本でも大きな反響を呼びましたね。

そして父になるでは終わり方が観た人の想像任せというような感じだったので、

「モヤモヤ」「違和感」といった意見もありました。

そこで今回はそして父になるについてですが、

そして父になるの最後の終わり方がモヤモヤすぎて違和感がやばい?という点について深掘りしていきたいと思います。


最後の終わり方は?

結末のネタバレについてはこちらを参考にどうぞ。

最後はざっくりいうと視聴者の想像や考えさえるような展開で物語は終わりました。

「結局どっちの親になるのか分からない」

「子どもたちはこれからどうなっていくのか」

「両家族の関係はどのような感じになっていくのか」

など、物語のその後を考えたらきりがありません。

このような終わり方だったので賛否両論もありましたね。

とっても大枠は2つしかなくて

・最後をもっとはっきりさせてほしかった

・最後をはっきりさえないことで想像することができるからよかった

という意見ですね。

そこでこの2つの意見をもっと深掘りしていきます。

モヤモヤする?

「最後をもっとはっきりさせてほしかった」

といった意見をもった人はモヤモヤすると感じた人が多かったです。

モヤモヤすると感じた方は物語の結末のその後が気になるような感じで終ったのでやはりそれが原因でしたね。

あと感情移入してそして父になるを視聴した方も多かったですね。

自分に置き換えてこの映画を見ると本当にいろいろなことを考えさせられるのでそれで余計にモヤモヤした方が多くなってしまったという感じでしょう。

違和感がやばい?

「最後をもっとはっきりさせてほしかった」

と意見をもった人はモヤモヤすると感じた他に、「違和感がすごい」と思う人もいたようですね。

違和感についても最後の結末についての意見がほとんどでしたね。

ですが違和感を感じるところは他にもありました。

例えばですが、

・リリー・フランキーの関西弁や子どもたちの関西弁に違和感を感じる

・子供がいる身としては他人事とは思えないけど、客観視すると違和感を感じる

など物語の中には様々な違和感がありました。

良かったという意見は?

「最後をはっきりさえないことで想像することができるからよかった」

と意見を持った人は「良かった」「泣けた」「考えさせられた」と映画を絶賛する方も少なくなかったです。

など様々な意見がありましたね。

やはり赤ちゃんの取り違えは絶対にあってはいけないことですが、

それによって家族とは?子供とは?愛とは?などいろいろなことを考えさせられる作品でした。

子どもたちの想いなども考えると胸が苦しくなったりしますがそういうことも含めて感動をするといった方がほとんどでした。

個人的にもこの映画を観て「家族」とはなにか?という部分を深く考えるいいきっかけとなりました。

まとめ

・違和感やモヤモヤと感じる人は終わり方についての意見が多い

・いろいろと考えさせられるなど良かったという意見も多い

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



↓関連記事↓

そして父になるの結末のその後はどうなった?最後はどっちの子供を選ぶ?

そして父になるで赤ちゃんの取り違えはなぜわかったの?看護師が原因?

そして父になるの吉田羊の出演シーンはどこ?役名・役柄はなに?

そして父になるの続編はあるの?原作は実話でねじれた絆がモデル?

そして父になるの子供の名前は?子役2人の現在はどうなってる?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.