芸能

高嶋ちさ子の生い立ちや家族構成は?年収や金持ちなのかについて

高嶋ちさ子さんといったら気が強くて子供の教育も熱心ていう印象ですよね。

ヴァイオリニストとしてはかなり凄腕でよくコンサートなどで全国を回っているみたいです。

ヴァイオリンを弾いてるところをテレビで拝見しましたが素人の私が聞いてもかなり引き込まれました。

そこで今回は、高嶋ちさ子さんの生い立ちや家族構成についてと年収や金持ちなのかについて深掘りしていきたいと思います。


高嶋ちさ子について

高嶋ちさ子さんは日本のヴァイオリニストです。

1968年8月24日生まれの49歳です。

桐朋学園大学大学を卒業後、

イェール大学音楽学部大学院修士課程アーティスト・ディプロマコースを修了。

結婚していて10歳と8歳の子供がいます。

大学卒業後の1994年に、マイケル・ティルソン・トーマス率いるマイアミのオーケストラ、ニュー・ワールドシンフォニーに入団。

1995年26歳のときにチョコレート・ファッションというユニットで東芝EMIからCDデビューを果たす。

1996年には、ソロ活動を開始する。

1997年には、拠点を日本に移し、フジテレビアナウンサーの軽部真一とともに「めざましクラシックス」を立ち上げます。

2006年には、プロジェクトの「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」を立ち上げます。

大学卒業後に単身で海外にいくってかなり勇気のあることですし、とても強い方ですよね^^

生い立ちや家族構成は?

高嶋ちさ子さんって実は芸能一家の中で育ったんですよね。

父は、高島弘之さんで東芝EMIのもとディレクターで、ビートルズを日本に紹介した人物です。

その兄が俳優の高島忠夫(伯父)で、高嶋政宏さんと高嶋政伸さんが従兄弟なんです。

母は、小さい頃から音楽をやっておりピアノ講師をやっているそうです。

姉は、洋服のアパレルブランド「GAP」に勤務していたそうです。

小さい頃から両親が厳しかったらしく、子供の頃はろくにテレビを見たことがなかったみたいです。

知的障害の姉を持っており、姉をいじめる人たちにやり返したり、抗議をしているうちに気性が荒くなったそうです。

テレビで見るあの気の強さは幼少時代からきていたんですね。(笑)

年収や金持ちなのかについて

音楽家の方って所属している事務所にもよるんですが、大体の収入が事務所の経費と源泉税(25%)を差し引いた額が取り分になります。

オーケストラ団体に正団員として所属するような音楽家の場合だと、平均して月収が40~50万円となり、

年収が400~500万円と言われています。

ただやはり、名の知れた音楽家であればあるほど1ステージあたりの収益は高くなり、収入も増えます。

高嶋ちさ子さんの場合、ソロとして活動しており、テレビ出演や、CDも出しているので、

軽く見積もっても4000万~5000万というところでないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ヴァイオリニストして生きていくのって普通の職業と違って安定もしないですしかなり大変だと思うんですよね。

それなのにしっかりと強い意志をもってここまできたのは本当に尊敬しかないです。

それも厳格な父のもとで育ってきたおかげなのではないでしょうか。

年収も軽く見積もって4000万~5000万というところなのでもうしかしたらもっといっているかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!