生活

道路の凍結を防ぐために雪を溶かす方法とは?転ばない歩き方も紹介

最近は関東でのがひどくなってきましたよね…。

東京でもってあまり降らないらしいのですが、今年はもうすでに2回も降ってますね。

が降ると積雪量にもよりますが、歩けなくなったり、道路が凍結したりと大変ですよね。

そこで今回は、凍結を防ぐために雪を溶かす方法とは?についてと転ばない歩き方も紹介していきたいと思います。


凍結を防ぐために雪を溶かす方法とは?

最近関東は雪が二度ほど降りましたがどう過ごされたでしょうか?

東京など関東で雪が降ることってあまりないのではしゃいだ人もいれば、めんどくさいと思った人もいるのではないでしょうか(笑)

いきなりですが、凍結に困ったことはないでしょうか?

道路とかいつも歩いてるところとかが、凍結してるとスリップしたり、転んだりしてい危ないですよね。

そこで今回は、凍結を防ぐために雪を溶かす方法を2つ紹介していきます。

塩をまく

え?塩で雪が溶けるの?と思った方がいる思うのですが、これって理由ががあるんですよね。

水って0℃で氷になるんですが、塩をかけることによって氷になる温度が0℃より下になります。そのおかげで溶けていくんです。

塩って吸湿性だったり、水に溶けやすい性質があります。

その性質もあるんですが、塩をかけることによって、水に不純物がはいったことになりますから分子同士がくっつきにくくなります。

それによって凍りづらくなるのです。

ただ注意があるのですが、車や植物を育てているところに積もった雪に塩をかけるのはやめたほうがいいです。

車や植物は性質上塩分によわいので塩をかけるのはよくないです。

炭をまく

炭だと買いに行ったりと手間がかかることもあるのですが、竹炭をおすすめします。

竹炭というのは、竹を人為的に炭化させたものです。

その竹炭を使うことによって、日差しを吸収して温度を上げることによって雪が溶けていきます。

炭なんでもちろん黒いですから、非常によく吸収します。

転ばない歩き方

よく雪が降った後って積雪量にもよりますが、とても転びやすかったり滑りやすくなってますよね。

先日、雪が溶けて氷になったところで、豪快に転んでいる人を目の前で見たので気をつけなければいけないなと思いました(笑)

そこで雪が降った後や、滑りやすくなっているところで転ばない歩き方を2つ紹介していきます。

大幅で歩かない

大幅で歩くと、足を上げてる時間がおおくなってしまいます。

そうなると、体の重心がずれて転びやすくなってします。

なので大幅で歩かずに小幅で歩くことによって、体の重心があまりずれずに転びにくくなります。

急がずに注意しながら歩く

遅刻しそうなときとか、電車に乗り遅れたりしそうになったときに急いでしまいがちになってしまいます。

急いでいるときって必ずといっていいほど焦っているので、意識が集中できなくなって転びやすくなります。

急いでないからって注意おかないと転びそうな道を見分けることができず、転倒してしまいがちです。

そこら辺を注意すると転倒のリスクがかなり下がります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

雪って降ったら降ったで大変ですよね。

車は運転しづらいし、道路はこむし、道はあるきづらいし、と最悪なことばっかりですよね。

ただ雪を溶かすのってやっぱり、太陽の光(日差し)が強くなってから行うのをオススメします。

それと、ぜひ歩くときは注意して滑らないよう転ばないよう気をつけましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!