スポーツ

平昌オリンピックのチケットの売れ行きは?日本人は行きたくない人が多い?

もうソチオリンピックから4年の月日が立ち、平昌オリンピックが始まりますね。

オリンピックっていわば世界大会なのでかなり神聖で誰もが注目しますよね。

今回の開催国は韓国ということもあってミサイル問題北朝鮮問題があり、現地にはあまり行かないでテレビで見るっていう方が多いようです。

そこで今回は、平昌オリンピックの売れ行きについてと日本人は行きたくない人が多い?という点を深掘りしていきたいと思います。


平昌オリンピックのチケットの売れ行きは?

実際に平昌オリンピックのチケットの売れ行きはどうなってるんでしょうか。

調べてみると、売れ行きはあまりよくないようです。

前回のソチオリンピックもテロへの警戒のため購入手続きが面倒だったりということもあり、チケットの売れ行きはあまりよくないとされていたのですが、

今回の平昌オリンピックはそれよりもチケット売れ行きはが悪いみたいです。

平昌オリンピックのチケット売れ残りしている?

平昌オリンピックのチケットの売れ行きは悪いみたいですが、売れ残りはしているのでしょうか。

国際オリンピック委員会がすでに発表しているのですが、今現在でチケットの売上が75%にとどまっているようです。

大体チケットは100万枚程売るそうなのですが、現実問題25万枚が売れ残っているみたいです。

いままでの冬季オリンピック史上最多の選手が参加する中で4分の1が売れていない状況というのはやはりかなり売れ残っているということですよね。

これだけのチケットが売れ残るということは会場もあまり活気がなくなって盛り上がりにかけてしまうんじゃないかという心配が残ります…。

平昌オリンピックに行く人はいるの?

では実際に平昌オリンピックに行く日本人の方はいるんですかね。

観戦チケットツアーとして行く人は多いみたいです。

キャンセル待ちがでるほどの人気ぶりのようです。

というのも、

前回のソチオリンピックで、金メダルを獲得した羽生結弦選手などフィギュア男子の人気が高く,生で観たいという人がかなり多いみたいです。

ツアーということで宿泊から航空機、現地の交通手段など全部国内旅行会社が手配してくれるので安全面がいいといういことで安心だから行くという人も少なくないみたいです。

行きたくない人の理由は?

現状では平昌オリンピックに行きたくないという日本人の方も多いようです。

理由としては、

などさまざまな理由があるようです。

わざわざ行かないでテレビで見るっていう方法もあるので、

そこまでファンじゃないのに行く必要もないって人も多いようです。

まとめ

・売れ行きはあまりよくなく、4分の1(25万枚)が売れ残っている

・男子フィギュアの人気もあり、行く人もいるが、韓国が寒かったり、汚いからむりとか、会場の設備が無理という理由で行きたくない人も多い

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!