気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

伊原六花はおでこが広いの?スタイルが良いのはハーフだから?

2018/07/16
 

伊原六花さんは最近バブリーダンスで注目を集めましたよね!

登美丘高校ダンス部のキャプテンとしても有名ですね。

可愛くて、ダンスも踊れて、みんなをまとめられる才色兼備の女優さんです。

今回は、そんな伊原六花さんのおでこが広いの?という部分とスタイルが抜群ですごい?という部分について深掘りしていきたいと思います。


伊原六花について

伊原六花(いはら りっか)

日本の元子役、ダンサー、タレントとして活躍中。

1999年6月2日生まれの18歳。

大阪府大阪狭山出身。

大阪府立登美丘高校を卒業予定。

2008年の9歳のときに、「こどもミュージカル」に参加します。

2012年の12歳から「劇団アークス」に入門し、ミュージカル「ズボン船長」に生徒役として出演します。

2015年4月に、大阪府立登美丘高等学校普通科に入学し、ダンス部に所属します。

2017年には、登美丘高校ダンス部のキャプテンとして「日本高校ダンス選手権」に参加しで準優勝。

登美丘高校って偏差値60あるんですけど、伊原六花さんは推薦では入らずに、自分の学力だけで入学をしたそうです。

頭もよくて、運動もできるとなるともう完璧少女ってかんじですよね^^

おでこやスタイルについて

ここ最近は芸能界デビューをしてテレビにでるなど、CMが決定するなど大忙しな伊原六花さんですが、容姿やスタイルどうなのでしょうか。

おでこについて

伊原六花さんはダンスをやっているのでよくすっぴんでテレビに映ることもあるのですが、

そこでネット上で、「顔可愛いけど、おでこ広くね?」と話題になっていました。

ダンスをしているということで、踊っているときや衣装によっては髪を上げることもあるので、そこで伊原六花さんのおでこを見て「おでこ広くね?」と思ったのでしょうか。

実際に画像を見てみると、そんなにおでこが広いようには見えないですね。

伊原六花さんは顔が小さいので自然とおでこが広く見えてしまったんだと思います。

女性の顔の平均の縦幅の長さが21.8㎝ですが、伊原六花さんの場合みてもわかるぐらいに21.8㎝よりも小さいので、そこで自然とおでこが小さくみえてしまうんですよね。

小顔の人っておでこの広さが普通でも、顔が小さいがゆえにおでこが広く見えてしまうので悲しいですよね…。

スタイルについて

まずハーフだからスタイルがいいのか?という点ですが、

芸名が伊原ということもあり、韓国人とのハーフなんじゃないか?と噂されてますが、

本名は、林沙耶ちゃんなので全くハーフとは関係なく、純日本人です。

身長が160㎝ということでそんなに背が大きいわけではありませんが、

ダンスをやっていることもあり、かなりスタイルがいいですよね。

ダンスってずっと動いているわけですから、足もすごい細いです!

現役高校生ということで、グラビアなど写真集はまだないですが、高校を卒業してから芸能界で本格的に活動されるようなのでこれから発売される見込みはありますね!

まとめ

伊原六花さんのおでこやスタイルについて語ってきたのですがいかがでしたでしょうか。

おでこも綺麗でスタイルもよくて本当に美しいです。

バブリーダンスを初めて観たときはそんな発想があったのか、と衝撃が走りました(笑)

とても独特な雰囲気でしたがとても魅了されましたよね^^

これからもっともっと忙しくなると思うので、頑張って欲しいですね!
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.