小説

さよならの朝に約束の花をかざろうの原作は?小説はあるの?

2018年2月24日から映画「さよならの朝に約束の花をかざろう」が上映されるのですが、

私はその日をとても楽しみに待ちわびています(笑)

略して「あの花」や「ここさけ」みたいに略されて「さよ朝」とも呼ばれていますね!

今回はその「さよならの朝に約束の花をかざろう」についてですが、

さよならの朝に約束の花をかざろうの原作は?小説はあるの?という部分を深掘りしていきたいと思います。

さよならの朝に約束の花をかざろうの聖地についてはこちら↓↓さよならの朝に約束の花をかざろうの聖地はどこなの?舞台となっているモデルの場所は?


さよならの朝に約束の花をかざろうについて

「さよならの朝に約束の花をかざろう」はP.A.WORKS制作による日本の長編アニメーション映画です。

監督および脚本は、脚本家の岡田麿里さんが務めています。

主題歌は「ウィアートル」で作詞がriyaさん 作曲・編曲・歌がrionosさんが担当しています。

ストーリー

あらすじは以下のようになっています。

縦糸は流れ行く月日。横糸は人のなりわい。

人里離れた土地に住み、ヒビオルと呼ばれる布に日々の出来事を織り込みながら静かに暮らすイオルフの民。

10代半ばで外見の成長が止まり数百年の寿命を持つ彼らは、“別れの一族”と呼ばれ、生ける伝説とされていた。

両親のいないイオルフの少女マキアは、仲間に囲まれた穏やかな日々を過ごしながらも、どこかで“ひとりぼっち”を感じていた。

そんな彼らの日々は、一瞬で崩れ去る。イオルフの長寿の血を求め、レナトと呼ばれる古の獣に跨りメザーテ軍が攻め込んできたのだ。

絶望と混乱の中、イオルフ一番の美女レイリアはメザーテに連れさられ、マキアが密かに想いを寄せる少年クリムは行方不明に。

マキアはなんとか逃げ出したが、仲間も帰る場所も失ってしまう……。

虚ろな心で暗い森をさまようマキア。そこで呼び寄せられるように出会ったのは、親を亡くしたばかりの“ひとりぼっち”の赤ん坊だった。

少年へと成長していくエリアル。時が経っても少女のままのマキア。同じ季節に、異なる時の流れ。変化する時代の中で、色合いを変えていく二人の絆――。

ひとりぼっちがひとりぼっちと出会い紡ぎ出される、かけがえのない時間の物語

となっております。

内容としては、どの世代でも楽しめる内容となっています。

「あの花」「ここさけ」と似ていて超感動作品となっているのでハンカチ必須ですね!

原作となる小説は?

原作となる小説はあるのでしょうか。

「さよならの朝に約束の花をかざろう」は原作となる小説はなく、

脚本家の岡田麿里さんによるオリジナルストーリーとなっています。

そこに、「true tears」「花咲くいろは」などで岡田麿里さんとタッグを組んできたP.A.WORKSが制作に携わります。

岡田麿里さんの前作「心が叫びたがってるんだ」も原作となる小説がなく、

長井龍雪・岡田麿里・田中将賀の3人により制作されました。

「心が叫びたがってるんだ」の映画公開後に本編をクライマックスまでまとめた小説が発売されているので、

「さよならの朝に約束の花をかざろう」の小説も映画公開後に発売されると思います!

「心が叫びたがってるんだ」が実写化するほどの大ヒット映画となったので、

「さよならの朝に約束の花をかざろう」の映画も大ヒットすること間違い無しですね!

映画公開後に、

・公式設定資料集

・公式美術画集

・クリアファイル

・パンフレット

が発売されましたね!

 

そしてサイコミでもさよならの朝に約束の花をかざろうの公式コミカライズ新連載がスタートされましたね!

 

まとめ

・「さよならの朝に約束の花をかざろう」は岡田麿里さんとP.A.WORKSにより、制作された

・原作となる小説はなく、岡田麿里さんのオリジナル脚本

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

⇛岡田麿里の年収どれくらい?作品の評判や特徴はどんなかんじ?

さよ朝のクリームって何のこと?イゾルって何者なの?