気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ジュラシックワールドでブルーが最後オーウェンに伝えたかったことや意味は?

2018/07/15
 

映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」が2018年7月13日に上映されるということで、

かなりの盛り上がりを見せていますね!

前作のジュラシック・ワールドがあれだけ面白かったので非常に楽しみです。

ジュラシック・ワールドといえばラプトルのブルーについていろいろと気になる点があります。

そこで今回はジュラシック・ワールドについてですが、

ジュラシックワールドでブルーが最後にオーウェンに伝えたかったことは?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃してしまった方やもう一度観たい方はこちらから↓
ジュラシックワールドの見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


最後のブルーとオーウェンのシーンについて

インドミナス・レックスがモササウルスに食べられてしまった後に、

ティラノサウルスはどこかに消えていってしまいました。

その後ラプトル(ブルー)は少しだけ残っていましたが、

オーウェンになにかを訴えていました。

オーウェンはそのままラプトル(ブルー)を見つめ、

ラプトル(ブルー)もずっとオーウェンを見つめます。

するとオーウェンは首を振り、ラプトル(ブルー)はどこかに走り去って行きました。

ラプトル達が見方になった理由は?

元々はインドミナス・レックスの見方になったラプトルですが、

最終的にはインドミナス・レックスの敵となり戦っていました。

まずラプトルがインドミナス・レックスの見方になったのはインドミナス・レックスがラプトルの遺伝子を持っていたからです。

そしてグレイ・ザック・クレアはラプトル達に襲われます。

その後オーウェンも加わりラプトル達に囲まれて絶対絶命になりますが、

小さい頃からずっと一緒にいたオーウェンがコミュニケーションを図り、

ラプトルについていたカメラを取ります。

するとラプトル達と意志疎通をすることができて、ラプトル達は見方になり共にインドミナス・レックスと戦います。

これには深い意味があります。

ラプトル達は今まで檻の中で生活をしてきて、カチカチなる器具によって命令して、常に服従によって生きてきました。

そんなラプトル達はカメラを外されたことで服従から開放され自由になったのです。

つまりインドミナス・レックスに立ち向かったのは自分の意志で、

オーウェン達の見方になると決めたのです。

オーウェンとラプトル達の絆は伊達じゃなかったということになりますね。

ブルーが伝えたかったことは?

上記でも記載しましたが、ブルーは最後何かを言いたそうにしていました。

おそらくですが、ブルーはオーウェンに、

「本当に自由になって未知の世界行っていいの?」

と再確認したのだと思われます。

今まではずっと檻の中で暮らしてきたので、外は道の世界で何も知りません。

そんな知らない世界に本能的に危険を感じて絆の深いオーウェンに対して確認をしたかったのでしょう。

首を振ったので、だめってことなの?

ともなりますがそれは違くて、意味としては、

「心配しなくていいよ」

オーウェンは伝えたかったのだと思われます。

個人的にはこのように考察しました。

しかし正解はないので想像で考えるのが一番いいかもしれません。

まとめ

・ラプトルとオーウェンには深い絆がある

・ブルーが伝えたかったのは、本当に行って大丈夫かという確認

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



↓関連記事↓
ジュラシックワールドの結末でグレイが言った歯の数が足りないの意味は?
ジュラシックワールドの最後の恐竜はなに?ラストで人間を襲わない理由は?
ジュラシックワールドの最後(ラスト)に1匹だけ残ったラプトルの名前は?
ジュラシックワールドのブルーとティラノサウルスのその後はどうなる?
ジュラシックワールドのラプトル4頭がかわいい!名前・種類・性別は?
ジュラシックワールドのモササウルスが最強!デカすぎるけど大きさは?
ジュラシックワールドのクレアの胸の大きさは?かわいくて乳揺れがすごい?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.