気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ハウルの動く城のハウルのやあ探したよのセリフの意味は?未来で待っててとの繋がりは?

2018/08/03
 

映画「ハウルの動く城」は2004年に公開されて以来かなりの年数が経ちましたが、

不動の人気を誇っており、今もなおかなりの人に愛されています。

そんなハウルの動く城では有名なセリフがいくつかあるのですが、

今回はハウルとソフィーのセリフについて紹介していきます。

なので、ハウルの動く城のソフィーのやあ探したよのセリフの意味は?という点と未来で待っててとの繋がりは?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
ハウルの動く城の見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


「やあ探したよ」のシーン

このセリフが出たのは最初のほうですね。

ソフィーが買い出しをするために外出しました。

バスにのり、降りてから裏道にはいって、

右に迷いそうになっていると、

兵隊2人から話しかけられてます。

「やあ、なにかお探しかな?お姉さん」

ソフィーは

「いや、別に大丈夫です」

するとソフィーはかなり困った顔をして立ち止まってしまいました。

そこにハウルが現れて、

「やあ、ごめんごめん探したよ」

といってソフィーの肩を抱き、

魔法で兵隊達を歩かせてどこかにいかせました。

「未来で待ってて」のシーン

こちらは逆に終盤の方ですね。

荒れ地の魔女のせいでカルシファーの力が弱まりました。

その結果、城が完全に壊れてしまい、マルクルとソフィー達が逸れることになりました。

そして、ソフィーは崖の間に落下してしまいましたが、

起きてすぐに、指輪が光をさしました。

その指輪がさした方向には、扉があり、ソフィーと犬のヒンは入ります。

その入った先は、ハウルの過去(子供時代)へとつながっていて、

幼少期のハウルがいました。

ソフィーは近づいていきますが、地面がグニョグニョしていて、近づけません。

川の向こう側にいいるハウルは流れ星のように降ってくる魂を拾い、食べます。

それがカルシファーということです。

そのシーンが終わると指輪が壊れ、ソフィーは今の時代に戻るように地面から吸収され、

叫ぶように発言します。

「ハウル、カルシファー!あたしはソフィー、あたしきっと行くから、未来で待ってて!」

それに気づいたハウルは、

「えっ?」

となります。

そしてソフィーは今の時代に戻ります。

「未来で待ってて」との繋がりは?

ハウルの「やあ探したよ」というセリフは、

冒頭だけを観ると、普通に助けるようにしかみえないのですが、

この「未来で待ってて」というセリフがあると話が変わってきます。

つまり、伏線として回収できるのです。

なので映画では「やあ探したよ」というセリフが冒頭にあったので、

気づきにくいのですが、

幼少期にソフィーとの出来事があったハウルからすると、「未来で待ってて」というセリフのが先ということになるのでつながりがあるということになります。

「やあ探したよ」のセリフの意味は?

「やあ探したよ」のセリフの意味について考えてみましょう。

あの冒頭のシーンを観ると、

ハウルの発言が「やあ、ごめんごめん探したよ」だったので、

ソフィーが困っていたから普通に助けたという風に捉えるのが普通です。

よくアニメなどである、困っている女の子がいて、待ち合わせ風にして助けたというシーンと同じような感じですね。

ただこれは偶然ではなかったということになります。

過去にソフィーに出会い、それ以来ハウルはずっとソフィーのことを探していたということが分かります。

つまり、「やあ探したよ」のセリフは、

本当にソフィーを探してて、ついに見つけたからあのような発言になったということです。

ただ、ソフィーにとっては未来のことなのでポカンとしていましたね(笑)

なので、あのセリフにはずっと探していた人が見つかった

という意味が込められています。

まとめ

・「やあ探したよ」と「未来で待ってて」はつながりがある

・「やあ探したよ」にはずっと探していた人が見つかったという意味がある

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.