気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ハウルの動く城のソフィーがおばあちゃんになった理由は?年齢や呪いの意味は?

 

映画「ハウルの動く城」は公開されるやいなや大ブームとなりましたね。

興行収入も日本で歴代6位と素晴らしい記録をもっています。

ハウルの動く城では原作では忠実に描かれていますが、

映画ではあまり描かれていない部分が多いです。

特にソフィーについては謎が多すぎることでも有名ですよね。

そこで今回は、ハウルの動く城のソフィーがおばあちゃんになった理由は?という点と年齢や呪いの意味は?という点について深掘りしていきたいと思います。


ソフィーについて

名前:ソフィー・ハッター

年齢:18歳

ソフィーは作品の中のヒロインです。

三姉妹の長女で、父親が経営していたファニーという帽子屋で働いています。

ソフィーにはレティーという妹がいますが、彼女は街の中心街のチェザーリというカフェの看板娘として働いています。

レティーは美人とされていますが、ソフィーは自分に自信がなく、地味な容姿だと思いこんでいて劣等感があります。

老婆になってからは、かなりよぼよぼ肌で、足腰も悪くなってしまいましたが、

歯は白くて丈夫なままでした。

特徴はいつも三つ編み縛っている髪の毛で、老婆になる前は茶色のようなキレイな色です。

性格は、面倒見がよく、誰に対しても平等に接するとても優しいです。

マルクルと一緒にいるときはどうみてもおばあちゃんと孫にしか見えないですよね(笑)

年齢はいくつ?

年令についてですが、上記でも記載している通り、

元々は18歳です。

そのご荒地の魔女によって老婆にされたときは、90歳です。

どんどん若くなっている時の年齢は設定がないのでわかりませんが、

おそらく3回ぐらい年齢をさまよっていて、

普通に背筋のピンとしてるときの年齢は50~60歳ぐらいではないでしょうか。

ソフィーがおばあちゃんになった理由は?

ソフィーがおばあちゃんになったというよりは、

おばあちゃんにされてしまった理由というべきでしょうか。

ソフィーをおばあちゃんにしたのは荒地の魔女ですが、

まずどんな魔法をかけたのかという点について解説していきます。

映画だけを観ると、荒地の魔女はソフィーに対しておばあちゃんになる、

つまり年寄りになる魔法をかけたように思いますが、

実はこれ違うんです。

上記でも記載しましたが、ソフィーは自分のことを地味な容姿だと思っていて自信がありません。

しかし、本来ソフィーは可愛いのです。

妹が美少女で街のマドンナとされているのに可愛くない訳がないのです。

可愛いけど、自分ではあまり容姿がよくないと思っており、

輝いていないので、中身も老けてしまっています。

それを知っていた荒地の魔女は内面と同じような外見にする魔法をかけたのです。

よって90歳の老婆のような見た目になってしまったわけです。

なぜ魔法をかけたのか?

そもそもなぜ魔法をかけたのでしょう。

それはハウルと関わってしまったからですよね。

ハウルのことをずっと追っていた荒地の魔女からするとハウルと関わった人から何か掴めると考えるのが普通です。

ハウルと関わったことを知った荒地の魔女はずっとソフィーのことを追っていました。

というのも、ハウルのしっぽを掴むためです。

しかし、ソフィーとハウルが会うことがなかったので、

荒地の魔女は強行突破にでて、ソフィーに魔法をかけることでハウルを呼び寄せようと思ったのでしょう。

巻き込まれた形でソフィーが可愛そうな気もしますが、

90歳の老婆になってしまった後の飲み込みの速さが以上ですよね(笑)

呪いの意味は?

はたして呪いには意味があったのでしょうか。

他の呪いでもよかったように思いますが、

ソフィーにはこの魔法が一番合っていたことがわかります。

合っていたというよりは、一番きくということがわかっていたから敢えて荒地の魔女この呪いにしたのかと思われます。

上記でも記載しましたが荒地の魔女はソフィーが容姿に対して劣等感を持っているのは知っていました。

その時点でおそらくですが、この魔法をかけようと決めたのでしょう。

まとめ

・年齢は元々は18歳で、老婆のときが90歳

・ソフィーがかかった魔法は内面と同じような外見にする魔法

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.