気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ハウルの動く城のソフィーの呪い(魔法)が解けたのはいつ?髪の色が戻らない理由は?

2018/08/03
 

映画「ハウルの動く城」は誰もがしっている作品といっても過言ではないほど人気作品です。

ジブリ作品は数多くありますが、ハウルの動く城が一番好きという方も少なくないと思います。

ハウルの動く城ではソフィーとハウルを軸としてストーリーが展開されていきますが、

いやなんで?と謎な部分が多いので、

今回はソフィーの呪いがいつ解けたのかという謎な部分を深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
ハウルの動く城の見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


呪い(魔法)について

まず、あの呪いは一見年寄りにするというだけに見えますが、

実は違うのです。

その証拠にソフィーは何度も若くなったり、年寄りになったりを繰り返しています。

年寄りにする魔法だったら、若返ったりはしません。

結論から言うと、あの魔法は気持ちによって見た目が変わるという魔法です。

ソフィーが若返る瞬間というのは、

・寝ている時

・ハウルの髪の毛の色が変わった時

・サリマンと話し合っているとき

などです。

これらのシーンを思い返してみると、

寝ているときは、無意識になっているので気持ちは若い時のままです。

ハウルの髪の毛が変わったときは、ハウルに「美しかったことなんか一度もない!」といって外にでて泣きじゃくります。

サリマンと話し合っているときは母親という設定で行ったはずなのに、

ハウルを悪く言われた瞬間に、ソフィーは感情的になり、ハウルはそんな人ではないと言い返します。

するとどんどん若返って、最終的にはもとに戻ります。

これらからわかることは、恋心だけで若くなるのではなく、

あくまで気持ちが若返ったら若くなるということが伺えます。

呪い(魔法)が解けたのはいつ?

上記でも記載しましたが、

ソフィーがかけられた魔法は気持ちによって見た目が変わるといったものでした。

ここから考えると、ソフィーはハウルに恋をしてるので、

その恋が実ったから気持ちも完全に若返り、見た目も若くなったと考えてしまいますが、

実際はそうではありません。

作品の最初の方のシーンでカルシファーとソフィーの会話のシーンがあるのですが、

ソフィー「じゃあカルシファー、あんた私にかけられた呪いを解けるの?」

カルシファー「簡単さ、オイラをここに縛り付けている呪いを解いてくれたらあんたの呪いも説いてあげるよ」

このようにカルシファーは発言しています。

つまりカルシファーのとハウルの契約を解除することができれば、

ソフィーの呪いを解くという約束をしたのです。

実はソフィーはものに命を吹き込む魔法を持っていて、

最終的に誰がやっても助からないことが、

ソフィーによって助かるというシーンは最後の方でよくありました。

その一例としてかかしのガブが人間にもどったりなど。

最後にカルシファーをハウルの心臓に戻していましたが、あれがカルシファーとハウルの契約解除となったのです。

カルシファーに命を吹き込むことで契約を解除することができたということですね。

ソフィーは約束どおりカルシファーを自由の身にしたわけですから、

カルシファーも約束通りソフィーの呪いを解いたということになります。

髪の色が戻らない理由は?

最後は呪いもとけて、髪の色も戻るはずですが戻っていません。

このままいくと実際呪いは解けてなかったの?

となってしまいますがそうではありません。

髪の色が戻らない理由は他にあって、

ソフィーはハウルに一度銀色の髪の毛を褒められるシーンがありました。

好きな人に褒められたら誰だった嬉しいです。

それは呪いが溶ける前だったので、銀色は残したいという気持ちが強くあり、

それが功を奏して、銀色は残ったのかと思われます。

ついでにいえば、生まれ変わる前が茶色の髪の毛のソフィーで、

生まれ変わった後が銀色の髪の毛のソフィーともいえますね!

まとめ

・呪いは気持ちによってかわるもの

・呪いが解けたのは最後の方

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.