気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ハウルの動く城のソフィーの年齢が変化するのはなぜ?若返る理由は?

2018/08/03
 

映画「ハウルの動く城」は大人気作品として知られていますよね!

ジブリ作品の中でも千と千尋の神隠しの次に興行収入が高いです。

そんなハウルの動く城ですが、語られていない部分が多いので観終わった後に違和感が残るのは言うまでもありません。

そこで今回はソフィーの謎についてですが、

ハウルの動く城のソフィーの年齢が変化するのはなぜ?という点と若返る理由は?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
ハウルの動く城の見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


ソフィーの年齢が変化するのはなぜ?

ハウルの動く城の最大の謎ともされているソフィーの年齢が変わることについてですが、

これにはちゃんと意図があります。

まずかけられた魔法に戻りますが、

映画だけを観ると、年寄りにされてしまったな。

ぐらいで終わってしまいますが、実はそうではないのです。

年寄りにされる魔法ではなく、内面も気持ちによって外見が変わってしまうという魔法なんです。

つまり、

・内面の気持ちが若いと外見も若くなる

・内面の気持ちが老けていると外見も老けてしまう

となっています。

魔法にかけられたときは帽子屋にいましたよね。

その時は90歳の老婆になってしまったわけですが、それはソフィーの内面の気持ちが老けていたからです。

その理由として、「長女だから帽子屋で働いている自分の外見に劣等感を持っている恋をしていないなど、気持ちが全く若くありません。

そのため年齢が変わってしまったということになります。

ちなみにですが、この年齢が変わる設定は原作ではなく、映画だけのものとなっているみたいです!

若返る理由は?

なんで年齢が変化するかについては上記で記載しましたが、

若返る理由、つまりソフィーがどんなときに若返るのかについて紹介していきます。

まずわかりやすいのが、寝ているときです。

寝ているときというのは無意識になっているので、気持ちがどうとかは関係ないので、

必然的に外見も若くなります。

中盤、ハウルが城に帰ってきてソフィーの寝ている時に顔を覗くというシーンがありましたが、完全に最初にソフィーの戻っていました。

次に、サリマンと話し合っている時です。

ソフィーはハウルの代わりに母親という設定で宮廷に向かいました。

そこでサリマンはハウルをどうにかして自分の元にもどしたいので、

ソフィーに色々と話し合いを持ち込みます。

しかし、ハウルを悪く言うサリマンに対してだんだんと腹を立てて、

ソフィーが「ハウルはそんな人じゃありません!」

と言い放ちます。

ソフィーはこの時点でハウルに恋をしているので、恋心やハウルに対する思いを喋っていると次第に気持ちも若くなるので外見も若くなります。

その後サリマンに「あなた、ハウルに恋してるわね」

と言われ、ふと我に返りおばあちゃんに戻ってしまいます。

若返ることに関しては、ソフィー本人は気づいていないようですが。

ソフィーって本当は美人?

若返る仕組みについて理解したところで、

そもそもソフィーって美人なんじゃないの?

と思った方も少なくはないでしょう。

そのとおり、実際ソフィーって美人なんです。

というのも、ソフィーには妹のレティーがいます。

そのレティーは街の中心部にあるカフェ・チェザーリで働いているのですが、看板娘として有名です。

さらに街のマドンナとしても有名なのです。

つまり妹のレティーはかなりの美人です。

ソフィーとレティーは母親が違うので多少顔が変わってきますし、金髪と茶色の髪という部分でも違います。

しかし、父親が同じなのでソフィーも美人なことに違いありません。

その証拠としてナンパもされてましたよね!

自信がなかった原因として、両親の死が一番の理由かと思われます。

まとめ

・ソフィーの年齢が変わるのは、内面によって外見が変わる呪いだったから

・ソフィーは本当は美人

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.