気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

オーシャンズ11のテリーベネディクトがかわいそう?お金はその後どうなる?

 

映画「オーシャンズ11」はアメリカ合衆国によって作られた映画ですが、

全米興行収入1億8300万ドルを突破するという大記録を残しました。

公開も2001年なので、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットもまだ若いです^^

今回はオーシャンズ11についてですが、

オーシャンズ11のテリーベネディクトがかわいそう?という点とお金はその後どうなる?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
オーシャンズ11の見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?

↓続編についてはこちらから↓
オーシャンズ12のフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?

オーシャンズ13のフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


テリーベネディクトがかわいそう?

ベネディクトは結局お金をとられて終わってしまいました。

しかもその額は1億6000万ドル以上の巨額の現金です。

1億6000万ドルといったら1ドルを仮に110円で考えたとしても、

200億円は優に超えてきます。

そんなベネディクトを観た視聴者の方やネット上では、

「なんかベネディクト可哀想」

と、慰めの声が多数寄せられました。

などのコメントがありました。

ベネディクトはお金を盗まれただけではなく、恋人までもオーシャンにとられてしまいました。

「オーシャンズ11」ではベネディクトが敵という立ち位置でストーリーが展開されますが、

正直言ってベネディクトは何も悪いことはしていません。

厳密に言えば、プライドがかなり高く、

何かされたときは徹底的に潰すといった一面も持っていますが、

それ以外はとくに目立ったことはなかったので可哀想という意見が多かったのだと思われます。

そりゃ200億円盗まれて、恋人までも盗まれるなんてことは

普通に考えたら可哀想すぎますよね^^;

お金はその後どうなる?

オーシャンズのメンバーは無事にお金を盗むことができましたが、

その後お金はどうなったのでしょう。

映画では描かれていなかった部分なのでかなり気になりますが、

続編の「オーシャンズ12」ではお金がどうなったか描かれていました。

お金はちゃんと11等分に分けてそれぞれのメンバーに配られたようです。

200億円を11で割ったら、18億円になるので、

1人に18億円が配られたことになります。

18億円もあったら1日何円使っても余ってしまいますよね^^

まとめ

・ベネディクトはお金も恋人もとられて可哀想

・お金はちゃんとメンバーに配られた

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.