気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

君の膵臓をたべたい映画の桜良の膵臓の病気の名前は?原作とは死因が違う?

2018/08/19
 

映画「君の膵臓をたべたい」は2017年7月28日に公開された映画ですが、

公開すると同時に「感動がやばい」「かなり泣ける」ということで口コミが広がり

かなりの大ヒットを記録しました。

個人的には、最後の桜良のお母さんと春樹のシーンはとても感動しましたし、号泣してしまいました。

そんな君の膵臓をたべたいですが、劇中では病気の名前になどについては一切触れていません。

そこで今回は、

君の膵臓をたべたい映画の桜良の膵臓の病気の名前は?という点と原作とは死因が違う?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
君の膵臓をたべたいの映画のフル動画を無料視聴する方法!アニポやアニチューブは危険?


膵臓の病気の名前は?

膵臓の病気の名前についてですが、

劇中では全く触れられていませんでした。

まず名前以前の話になってしまいますが、

この病気は「架空の病気」

と、原作者の住野よるさんが発言していました。

つまり病気自体ないのです。

映画や原作では、余命があり、桜良は死んでしまうとのことだったので、

膵臓癌なのでは?とも予測をされていました。

何故かと言うと、膵臓がんは手術ができたとしても、5年生存率は10-30%くらいと言われているからです。

しかし、原作者の住野よるさん自身が架空と言っているので、

モデルの病気はなかったのでしょう。

原作とは死因が違う?

君の膵臓をたべたいでは、衝撃のラストとなっており、

桜良は膵臓の病気で死ぬのではなく、通り魔に殺されてしまうという結末となっています。

これは原作と同じなのでしょうか?

結論からいってしまうと、

原作でも通り魔に殺されて桜良は死んでしまいます。

唯一違う点があるとしたら、

春樹が桜良が死んだのを知ったシーンです。

映画では、デパートについているスクリーンでやっていたニュースを見て桜良が死んだという事実をしります。

しかし原作では、家に返ってから夕食を食べようとしているときに、テレビのニュースを見て知ることになります。

なので、桜良の死因については映画も原作も同じなのです。

まとめ

・膵臓の病気については「架空の病気」

・映画も原作も死因は同じ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.