気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

猫の恩返しのユキちゃんは事故で死んでる?都市伝説は本当なの?

2018/08/24
 

映画「猫の恩返し」はジブリ作品で監督が森田宏幸さんとなっています。

役の声をを担当したのは、池脇千鶴さんや袴田吉彦さんや山田孝之さんなど、

声優さんというよりは俳優さんや女優さんが任されました。

そんな猫の恩返しですが、ユキちゃんという白いネコが登場するのですが、

都市伝説では死んでいるというのです…。

そこで今回は、猫の恩返しのユキちゃんは事故で死んでる?という点と都市伝説は本当なの?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
猫の恩返しの見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


ユキちゃんについて

ユキちゃんはハルが小さいときに魚型のクッキーをあげた白いネコですね。

半ば強制的に猫の国へ連れて行かれそうになるハルを、

謎の声で猫の事務所へ導きました。

猫の世界の住民で、猫王のお城で働いています。

ルーンとは恋愛関係にあって、最終的にはプロポーズを受けて結婚をします。

ハルに小さいときにもらった魚型のクッキーが大好物で、よく食べています。

ユキちゃんは優しいだけではなく、多少気の強い部分もあります。

声優は誰?

トトの声優を務めたのは前田亜季さんです!

#seeyou ✨ #前田亜季 #女優

Maruchan201さん(@201maruchan)がシェアした投稿 –

プロフィール

名前  :前田 亜季(まえだ あき)

生年月日:1985年7月11日(33歳)

身長  :157cm

血液型 :A型

出身地 :東京都

事務所 :アルファエージェンシー

ユキちゃんは事故で死んでる?

謎の声でハルを猫の事務所まで導いたユキちゃんですが、

実は死んでいるという噂があるのです。

この噂はほんとうなのでしょうか?

結論からいうと、

原作では事故で死んでいるという設定になっています。

映画ではそのような設定はなかったのですが、

猫の国は本来、死んだ猫たちが行く場所となっていて、猫の国に住めば永遠の命をもってずっと生き続けることができるといった設定があります。

しかし、映画でそのような設定にしてしまうと、

・世界観が広がらない

・エンターテイメントとして重くなってしまう

という理由から映画にこの設定を導入するのをやめたそうです。

なので映画ではユキちゃんはハルが小さい頃にたまたま出会った白いネコとしてストーリーが進みますが、

原作ではハルの飼い猫で、物語が始まる7、8年前に交通事故で亡くなっているという設定なのです。

都市伝説は本当なの?

・ユキちゃんが事故で死んでいる

という都市伝説についてですが、

本当でしたね。

あと猫の恩返しには都市伝説が1つあって、

「猫の恩返し」は「耳をすませば」のキャラクター月島雫が脳内で描いた作品なのでは?

と言われています。

なぜそう言われているかと言うと、

・「猫の恩返し」は「耳をすませば」のスピンオフ作品

・月島雫は小説家を目指している

というわけです。

「猫の恩返し」も「耳をすませば」も原作者は柊あおいさんなので、作ったのは柊あおいさんですが、

裏設定として、「耳をすませば」の月島雫が書いたということになっているのではないかということです。

これに関してはジブリ側が答えを出しているわけではないので、なんとも言えませんが、

月島雫が書いたという可能性が高いことだけは伺えます。

まとめ

・原作ではユキちゃんは死んでいる

・「猫の恩返し」は月島雫が書いたという都市伝説がある

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.