気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

映画聲の形のその後はどうなる?最後に石田と西宮が付き合うのかネタバレ!

 

映画「聲の形」は2016年9月17日に公開されましたが、

すぐに反響を呼びかなり話題になりましたよね!

原作は漫画ですが、こちらも「マンガ大賞2015」で第3位など他にも多数賞を受賞しています。

今回はそんな聲の形についてですが、

映画聲の形のその後はどうなる?という点と最後に石田と西宮が付き合うのかネタバレ!という点について深掘りしていきたいと思います。


その後石田と西宮は付き合うの?

聲の形はいろいろと注目する部分がありますが、

やはりいちばん気になるところといったら、

石田と硝子のその後についてではないでしょうか。

結局のところ、2人は恋人同士にはならずに終わってしまいます。

流れ的に最後は結ばれて終わりそうですよね。

なのでその後の展開がありそうだったので、

調べてみたのですが、

原作の漫画版でも、石田と硝子がその後付き合うことはないようです。

映画では橋の上で硝子が石田に思いを伝えますが、

その思いは届きませんでした…。

つまり硝子は石田のことが好きなのです。

石田に関しても、映画上では省かれていましたが、

硝子を助ける時のシーンで、硝子のことを好きという気持ちの描写があります。

なので、実際は両思いなのです。

漫画の最終回でも舞台は成人式まで飛んでいますが、

2人が付き合っているような素振りはありません。

ではなぜ付き合わなかったのでしょうか?

なんで最後付き合うという設定にしなかったのでしょうか?

石田と西宮が付き合わなかった理由は?

上記の続きとなりますが、

なぜ石田と西宮は付き合わずに終わってしまったのでしょうか。

あえてそうしたのか、考えがあったのかは作者の大今良時さんしか知らないことだと思われますが、

どのみちかなりの疑問が残りますよね。

そこで2人の気持ちを考えてみましたが、

・石田は過去の硝子をいじめていたという罪悪感があります。

・硝子は自分のせいで石田が傷ついたのではないかという思っています。

つまりお互いにこのような気持ちがあるので、

いくら仲良くなれたとはいえ、最後の告白や付き合うといったところにはなかなか進めないのかと思います。

そこまで踏み込んでいいのかという気持ちも少なからず存在するのでしょう。

かなりお似合いなだけに、最後は結ばれて終わってほしいという願望がありましたが、

逆に結ばれなかったからこそその後の展開を自分で想像できるのでいいのかもしれませんね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

映画聲の形は本当に考えさせられる作品であり、

さらに勇気をもらえるような作品でもあります。

今回は石田と西宮の関係について触れていきましたが、

その後は付き合っていてほしかったですよね…。

ただ、個人的には勝手に付き合うところまで想像できて、

楽しいので逆にありがたいかもしれません(笑)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.