気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

色づく世界の明日からの原作は小説?あらすじ・百合・舞台などネタバレ

 

アニメ「色づく世界の明日」は10月6日から放送が開始されますね!

P.A.WORKS制作ということで非常に楽しみですが、あなたはどうでしょうか?

数々の名作アニメを世に繰り出している篠原俊哉さんが監督を務めています。

どのような展開になるかは想像できないですが、面白くなること間違いなしですよね!

そこで今回は色づく世界の明日からについて紹介していきます。

色づく世界の明日からの原作は小説?という点とあらすじや百合なのかについてネタバレしていきたいと思います。


色づく世界の明日からについて

アニメ『色づく世界の明日から』は「凪のあすから」の篠原俊哉監督とP.A.WORKS制作によって作られたオリジナルアニメとなっています。

オープニングテーマ「17才」→ハルカトミユキ

エンディングテーマ「未明の君と薄明の魔法」→やなぎなぎ

メインキャラクターは7人の高校生となっており、数十年後の長崎県が舞台となっています。

かなり期待のアニメですよね!

あらすじのネタバレ

物語の始まりは数十年後。
日常の中に小さな魔法が残るちょっと不思議な世界。
主人公の月白瞳美は17歳。魔法使い一族の末裔。
幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。
そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。
突然、見知らぬ場所に現れ戸惑う瞳美の視界に鮮烈な色彩が飛び込んでくる……。

となっております。

凪のあすからの要素がどれくらい入っているのかはわかりませんが、

学園系青春物の色がつよいですよね。

魔法使いの一族ということなので一般的な舞台というよりは、アニメに寄せた感じでファンタジー要素が多数ありそうです。

瞳美これからどのようにすごしていくのでしょうか?

非常に楽しみですね!

百合なの?


「色づく世界の明日から」に百合要素があるかについてですが、

PVを見る限りだと百合要素は少ないと思います。

普通に男子高校生も出てくるので、どっちかというと青春色のが強そうです。

ただ、イラストや表紙を書いているのが「コミック百合姫」の表紙などを担当しているフライさんなので、

百合っぽく感じてしまうかもしれません。

ネット上でも意外と百合なのかどうかについて議論されていますね。

様々な意見がありますが、どのような展開になっていくか楽しみですね。

内容を確認してから百合かどうかについて追記していきます。

原作は小説?

アニメ「色づく世界の明日から」は完全オリジナルアニメとなっております。

原作がありそうな気もしますが、

凪のあすからと同じで1から作っております。

小説など漫画に関しては、凪のあすからがアニメ放送終了後に漫画を発売しているあたりから、

アニメが終了次第に発売される可能性はあります。

まとめ

・舞台は長崎
・百合というよりは青春物と予想

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.