気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

三度目の殺人の真犯人は咲江(広瀬すず)?結局誰が犯人か意味がわからない?

 

映画「三度目の殺人」は是枝裕和監督のオリジナル脚本ということで、

とても深い作品ということで有名です。

是枝裕和監督の作品はとにかくミステリアスな部分が多く、

結論が分かりづらく、謎がおおいです。

ただ、それと同時に作品にのめり込む事ができるので非常に楽しめる作品です。

そこで今回は三度目の殺人についてですが、

三度目の殺人の真犯人は咲江(広瀬すず)?という点と結局誰が犯人か意味がわからない?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃してしまった方やもう一度見たい方はこちらからどうぞ↓
三度目の殺人のフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラはやばい?


三度目の殺人の結末をネタバレ


第一回公判は三隅が工場の社長を殺害したのは奥さんに保険金目当てで殺してほしいと頼まれたからということで、

証言します。

しかし奥さんは三隅の証言を否定し、公判は終了します。

公判後に被害者の娘咲江が重盛の元に訪れて、

三隅との関係やお父さんに性的暴行を受けていたことを打ち明けて、

それを裁判で証言したいと申し出ます。

重盛は三隅に咲江のことを話すと、

「咲江は嘘をついている」

と重盛は一蹴されてしまいます。

そこでついに真実がしりたくなった重盛は三隅に、

「本当のことを言ってくれよ!」

と怒鳴りつけます。

すると三隅は、

「本当は殺害をしていないし、殺害現場にも行っていない」

と告白します。

三隅は何が真実かわからなくなり、混乱するも、

裁判では三隅は殺害をやっていないということに変えます。

咲江にも殺害はしていないことにするためお父さんのことや三隅との関係を打ち明けるのを口止めします。

ただ、今更殺害をしていないなんてことは通用せず、

三隅の死刑が決まります。

結局誰が犯人か意味がわからない?

映画を視聴して誰もが思い浮かべることだと思いますが、

結局犯人て誰なん?

てところです。

最初は三隅(役所広司)が共に工場の社長を殺害したシーンが流れますが、

物語の途中では、咲江(広瀬すず)と三隅(役所広司)が共に工場の社長を殺害したシーンが流れます。

このシーンによって何がなんだかわからなくなります。

咲江が犯人なのか、

三隅が犯人なのか、

はたまたどちらも犯人なのか、

映画では結局その部分には触れずに、三隅が死刑となって物語は終わってしまいました。

個人的な解釈としては、

三隅が咲江を守るために工場の社長を殺害して、

咲江が真実を言って三隅を助けようとしますが、

それを知った三隅がまた咲江が嫌な思いをしないように守るためにあえて殺害していないと自白して、

裁判をめちゃくちゃにして結局死刑で終わらす。

という感じですが、

みなさんはどうお考えでしょうか?

真犯人は咲江(広瀬すず)?


上記では個人的な解釈として三隅が犯人ということで書きましたが、

もう一つ考えがあって、

真犯人は咲江(広瀬すず)だったということも考えられるのです。

その理由は2つ程あります。

一つ目が、

スニーカーが焦げていたことです。

映画の序盤で重盛(福山雅治)が被害者の家に訪れるのですが、

そこには殺害現場でも見かけた少女がいます。

少女は被害者の娘で、母親を呼びに行きました。

その際に玄関にあった靴がの先端が焦げている描写が映されます。

咲江(広瀬すず)と三隅(役所広司)が共に工場の社長を殺害したシーンが流れたことによって殺害現場に居合わせていたことを予想することができます。

ただ、足を引きずっていたことによって汚れたということも考えられます。

2つ目は、

三隅がそう簡単に工場の社長を河川敷に呼ぶことが出来ないという点です。

クビにした元社員のためにのこのこと河川敷に来るとは思いません。

食品偽装のことを知っていて脅したようですが、

それだけでは来るかどうか定かではありません。

なので本当は、咲江が呼び出して、共に殺したということも考えることができます。

以上の2点より真犯人が咲江だと考察することも可能ですが、

やはり信憑性が全くないことから、

犯人は三隅なのだと思います。

このように結論がよくわからない映画はもやもやが残ってしまい少し嫌ですが、

逆に自分で様々な展開を想像出来るのでそれはそれで楽しいと思います^^

まとめ

・真犯人は咲江ではない
・三隅は咲江を守るために殺害をした

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.