気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

リズと青い鳥はスピンオフ作品なの?キャラデザインが百合っぽい?

2018/07/16
 

「リズと青い鳥」の映画が4月21日に公開されます。

「響け!ユーフォニアム」シリーズの京都アニメーションが手掛ける新作映画ですが、

キャラデザインについていろいろ言われているようです。

そこで今回はリズと青い鳥についてですが、

リズと青い鳥はスピンオフ作品なの?という点とキャラデザインが百合っぽい?という点について深掘りしていきたいと思います。


スピンオフ作品なの?

映画「リズと青い鳥」は、

『響け!ユーフォニアム』のスピンオフ作品となっています。

『響け!ユーフォニアム』のスピンオフ作品の小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」

を元に制作されています。

↓↓なぜ映画のタイトルがリズと青い鳥になったかはこちらの記事をご参考にどうぞ!↓↓

リズと青い鳥の原作となる小説は?あらすじや意味についても

リズと青い鳥では主人公が鎧塚みぞれと傘木希美となっていています。

この2人は、響け!ユーフォニアムでは主人公の黄前久美子の先輩としてでています。

「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部、波乱の第二楽章」では鎧塚みぞれと傘木希美だけがピックアップされていたわけではなかったのですが、

ファンの想いにより、この2人に決まりました。

それに応じてネット上では喜びの声が上がっているようです。

個人的にもこの作品は第1期から見てこの2人が好きだったので、

2人のスピンオフ映画が公開されると知ったときは子供のように喜んでしまいました(笑)

キャラデザインが百合っぽい?

映画が公開されるにあたって、ポスターが作られたり、YouTubeでPVが公開されるなどしましたが、

それを見たファンからは「キャラデザインが変わりすぎ」「キャラデザインがなんか変」「キャラデザインが百合っぽい」といった意見が寄せられました。

というような意見があります。

キャラデザインが変わった理由として、

制作自体はリズと青い鳥も響け!ユーフォニアムもどちらとも京都アニメーションでかわらないのですが、

スタッフが変わってるからなんですよね。

リズと青い鳥のキャラデザインはどっちかというと「けいおん!」や「聲の形」よりになっています。

実際に響け!ユーフォニアムのときとリズと青い鳥の時を見比べてみるとわかりやすいです。

※響け!ユーフォニアムのとき

※リズと青い鳥のとき

確かに多少変わってはいますが、コレはコレでありなんじゃないないかと思います。

見方が違ってきてしまうかも知れませんが、映画のクオリティは素晴らしいものとなっているので気にならなくなるはずです。

キャラデザインが百合(女性の同性愛)っぽいという理由については、

リズと青い鳥が鎧塚みぞれと傘木希美の2人の友情物語で男があまりでないからなんです。

そのためキャラデザインがというよりはリズと青い鳥自体が百合物に感じてしまうという意見が多かったのです。

実際の映画では

実際の映画では少し百合要素はあったものの、

全体的にいうと百合っぽさはあまり濃厚ではないので百合はあまり期待しないほうが良いかもしれません。

個人的にはピュアな青春物語のような作りになっていたのではないかと思います。

キャラデザイン自体もそんなに気になることはありませんでした。

まとめ

・「リズと青い鳥」は「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ作品

・「響け!ユーフォニアム」のときとキャラデザインが変わっていて、「けいおん!」や「聲の形」寄りのキャラデザインとなっている

・鎧塚みぞれと傘木希美の2人の友情物語で男があまりでないため、百合物に感じてしまうという意見が多い

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.