気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

もののけ姫のラスト(最後)でアシタカのあざが残った理由はなぜ?

 

映画「もののけ姫」は興行収入が193億円とかなりの大ヒットを記録した作品です。

もののけ姫では主人公のアシタカとヒロインのサンを軸にストーリーが展開されていきますが、

本当に面白い作品ですよね。

かなり気になることが多いのですが、

その中でも一番気になると言っても過言ではないのが、アシタカの手のひらに残ったあざですよね。

そこで今回はもののけ姫についてですが、

もののけ姫のラスト(最後)でアシタカのあざが消えなかった理由はなぜ?という点について深掘りしていきたいと思います。

↓見逃した方やもう一度見たい方はこちらから↓
もののけ姫の見逃しフル動画の映画を無料視聴する方法!デイリーモーションやパンドラは危険?


ラストで腕の呪いは治った?

ラストでアシタカの腕の呪いは治ったのでしょうか?

結論から申しますと、

呪いは治りました。

最初に祟り神になってしまったナゴの守(イノシシ)を殺してしまったことをキッカケに、

腕が呪われてしまいました。

呪いの効果は、

「爆発的な力を手に入れる代わりに、命を少しずつ削り取られる」

というものです。

しかし、

最後にシシ神様に首を返す同時に、

シシ神様がいなくなって、森に緑が戻ったのと同時にアシタカも呪いが治ります。

ただ、最後呪いは治ったのですが、

あざが少しだけ残っていましたよね。

普通なら何も残らないはずですが、

なぜ残ったのでしょうか?

それとあざの理由は意味はなんなのでしょうか?

下記で解説していきたいと思います。

最後にあざが残った理由や意味は?

最後にアシタカは呪いが治りましたが、

あざだけが残りました。

意味深に写していたので意味があることはわかりますが、

どんな意味があるのかがわかりません。

あのあざには、

「同じ過ちを繰り返すな。罪を忘れることは許さない」

という意味が込められています。

シシ神様が呪いをといたのは、

アシタカが自然をしっかりと尊重して、森を守ろうとしたからです。

しかし、人間一度犯した過ちをまた繰り返す可能性があるので、

あえてあざを残すことによって忘れさせなくさせるためでしょう。

ただ普通に考えると、

アシタカは村がピンチになって、村を守るためにイノシシを倒しただけなのに呪われてかつ直すために旅にまで出なくてはいけない、

という状況なので普通に不幸ですしかわいそうですよね(笑)

まとめ

・最後アシタカは腕の傷が治った
・あざは「同じ過ちを繰り返したり、罪を忘れるな」という意味が込められている
・アシタカは不幸でかわいそう

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.