生活

みずほ銀行ATMの休止が多い理由はなぜ?お金が下ろせないときの対処法は?

みずほ銀行を使っている方ならわかると思いますが、

最近めちゃくちゃATM休止してませんか??

あれ急いでいるときとかめちゃくちゃ不便ですよね…。

一応他の口座も持っているので困りはしないですが、

みずほ銀行しか口座を持っていない人からするとかなりきつい状況かと思います。

そこでなぜこんなにも休止が多いのか理由を解説していきたいと思います。


みずほ銀行ATMの休止が多い理由は?

まず休止期間についてですが、以下のようになっています。

毎月3日間は臨時休業はしているので、把握しとかないとかなり困りますよね。

一応あらかじめメールは届くようにはなっていますが、

それでも忘れてしまう場合はあると思います。

実はこれってATMだけではなく、みずほ銀行全部が臨時休業となっています。

インターネットのみずほダイレクトも休業してしまうのです。

ではなぜ休止が多いのでしょうか?

調べてみたのですが、

新システムへの移行するためのメンテナンスなんだそうです。

いや、

新システムに移行するだけでメンテナンスなんて必要なの?

とも思ってしまいますが、

システムを移行するのはそれだけ大変なんだそうです。

なぜこのタイミングでシステム移行?

システム移行するためにメンテナンス期間を設けることはわかりましたが、

なぜこのタイミングでシステム移行するのかが謎です。

ただ、意味があるようですね。

それは、

元々完全にシステム移行が出来ていなかったのです。

みずほ銀行は、

・第一勧業銀行

・富士銀行

・日本興業銀行

の3つの銀行が2002年に合併されて出来た銀行です。

合併したことでシステムを移行したのですが、

完璧に移行が出来ておらず今まで何度もトラブルがあったのです。

そこでもうトラブルを起こすことは許されないということで今回臨時休業を設けてシステム移行をしているんだそうです。

お金が下ろせないときの対処法は?

ATMが休止しているためお金が下ろせないため困っている人が多出しています。

なので対処法としては、

他の銀行の口座も持っておく

ということです。

みずほ銀行だけではなく、他にも口座を持つことによって資産を分散することが出来るので、

毎回メンテナンスに苦しめられることはなくなります。

おすすめな銀行は?

対処法が口座を作ることしかないので、

おすすめな銀行を紹介します。

個人的にはネットバンクがあって手数料が安い銀行で口座を解説するのが良いかと思います。

その理由としては、

ネットバンクがあったほうがインターネット上でキャッシュカードを使うことが出来るのでネットでの買い物やお金のやり取りをするときに便利なのと、手数料に関しては絶対的に安いほうが良いからです。

おすすめの銀行は2つあって、

・楽天銀行

・新生銀行

です。

楽天銀行はネットバンクがあり、さらに使えるATMは多いですし、

手数料も個人口座開設後6ヶ月目までは無条件で5回まで無料となっています。

 

新生銀行もネットバンクがあり、こちらも使えるATMがかなり多いです。

さらに預金が100万円以上あれば何回ATMを使っても手数料がかからないという素晴らしい銀行です。

メンテナンス多すぎて文句を言う人も多数

やはりこれだけ臨時休業をしてしまうと、文句を言われてしまうこともあります。

銀行口座がみずほ銀行しかない人もいるなかで臨時休業なんてされては溜まったもんじゃありません。

いちおうお知らせメールはありますが、

「前もってお金をだしといて」

なんて言わても忘れるときもありますし、タイミングもありますよね。

ネット上でもみずほ銀行への不満の意見が多数ありました。

元々トラブルやサービスに不満がある人は多かったようですが、

今回の連続メンテナンスを機に解約きめたという人もかなり出てきていますね。

まとめ

・ATM休止の理由はシステム移行のメンテナンス

・他に口座を作る場合は楽天銀行か新生銀行がおすすめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!