気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

死の秘宝でベラトリックスがハーマイオニーにした拷問は何?やめての意味は?

 

死の秘宝Part1ではハリー達が分霊箱を探しの旅にでるのですが、

一度人さらいに捕まってしまい、ピンチに陥ります。

ただハリーは魔法で顔を腫れさせていたのでベラトリックスにはハリーかどうかわかりませんでした。

その後、グリフィンドールの剣をハーマイオニーが持っていることがベラトリックスにバレてしまい拷問をうけます。

ハーマイオニーはそのときに腕になにか書かれたようなのですが、何の拷問をされたのかわからないのです。

そこで今回は、

死の秘宝でベラトリックスがハーマイオニーにした拷問は何?という点とやめての意味は?という点について深掘りしていきます。

 

ハリーポッター死の秘宝part1を見逃してしまった方やもう一度見たい方はこちら!
映画ハリーポッターと死の秘宝PART1の字幕・吹き替えの動画を無料で視聴する方法!デイリーモーションでは見れない?

 

ハリーポッター死の秘宝part2を見逃してしまった方やもう一度見たい方はこちら!
映画ハリーポッターと死の秘宝PART2の字幕・吹き替えの動画を無料で視聴する方法!デイリーモーションでは見れない?

 


拷問をされた経緯

まずハリーポッター達は人さらいに捕まってしまいマルフォイの家に連れて行かれます。

そこにはマルフォイ一家やベラトリックスです。

最初はハリーポッターをヴォルデモートに突き出すためにハリーが本物か見極めていたのですが、

途中ハーマイオニーがグリフィンドールの剣を持っていることにベラトリックスが気づき、

拷問を受けることになります。

その間ロンとハリーは地下牢に連れて行かれます。

そしてベラトリックスは、どこで剣を手に入れたのかという部分とハリーの情報をを吐かせるためにハーマイオニーに拷問をします。

映画では、腕に何かをしていることはわかるのですが、それ以上のことはわかりませんでした。

ベラトリックスがハーマイオニーにした拷問は何?

ではベラトリックスがハーマイオニーにした拷問はなんだったのでしょうか?

原作でははりつけの呪文となっています。

はりつけの呪文とは相手の体に傷をつけることをせずに、拷問の苦痛を味合わせることができるといった魔法です。

ただ映画では銀のナイフで腕に「mudblood=穢れた血」と刻まれていましたね。

ここからは予想となってしまいますが、

映像では、はりつけの呪文だけではわかりづらかったため、

あのように銀のナイフで腕になにかをする描写をつけたのかと思われます。

それとベラトリックスのあの場にグリフィンドールの剣があると大変なことになるのでかなり必死でした。

そういった部分も視聴者に伝えるためにあの描写は必要だったのかと思います。

やめての意味は?

ハーマイオニーはかなり悲鳴をあげて「やめてー!」と叫びますよね。

ただ体には拷問されたような傷はなく、

あるのは腕に「mudblood=穢れた血」と刻まれただけです。

「あんなに叫ぶ程痛いのか?」といった意見も少なからずあります。

ただこれに至っては上記でも記述したように、

はりつけの呪文も含まれているので本当に痛いということを見せるための描写だと思われます。

映画だと説明がないので分かりづらいのですが、かなり拍車のかかった演技だったので間違いないかとおもいます。

ただ思うのは、あのシーンでハーマイオニーが殺されずにすんでよかったということですよね。

ベラトリックスならやりかねないので、映画を観ていてそこがかなりヒヤヒヤしました 笑

まとめ

・ベラトリックスがハーマイオニーにした拷問ははりつけの呪文
・「やめてー!」と叫んだのは拍車をかけるため

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.