気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ハリーポッターのネビルの結婚相手は誰?ルーナと結婚しない理由はなぜ?

 

死の秘宝ではついにヴォルデモートを倒して物語が終了します。

最後に19年後となり、ハリー達が父親になって子どもたちがホグワーツに向かうシーンが描かれています。

このときにハリー達の元クラスメイトたちは各々結婚して子供もいます。

ネビルも結婚して子供がいたようなのですが、ルーナではなかったので「なんで?」という声が多かったようです。

そこで今回は、

ハリーポッターのネビルの結婚相手は誰?という点とルーナと結婚しない理由はなぜ?という点について深掘りしていきます。

 

ハリーポッター死の秘宝part1を見逃してしまった方やもう一度見たい方はこちら!
映画ハリーポッターと死の秘宝PART1の字幕・吹き替えの動画を無料で視聴する方法!デイリーモーションでは見れない?

 

ハリーポッター死の秘宝part2を見逃してしまった方やもう一度見たい方はこちら!
映画ハリーポッターと死の秘宝PART2の字幕・吹き替えの動画を無料で視聴する方法!デイリーモーションでは見れない?


ハリーポッターのネビルの結婚相手は誰?

最後ハリポッターのクラスメイトが各々結婚していましたが、

ネビルは誰と結婚したのでしょうか?

そこでネビルの結婚相手ですが、

ハンナ・アボットという人物です。


ハンナはハリーと同級生でハッフルパフ寮の半純血の魔法使いです。

5年生のときには監督生に選ばれて、ダンブルドア軍団のメンバーにもなります。

卒業してからは、漏れ鍋の店主として働いています。

ネビルも一緒にそこに住みます。

ネビルのその後についてですが、

薬草学の教授として働いています。

ルーナと結婚しない理由はなぜ?

映画だけを視聴すると、

なぜルーナと結婚しなかったのかがかなり気になります。

というのも、

劇中でネビルが、「ルーナに気持ち伝えてくる」といってルーナを探すシーンがあるからです。

さらに最後には2人で話すシーンがあるのでその後は結婚するだろうと思うんですが、

まさかの結婚しません。

その理由というのは、

ネビルとルーナのシーンは映画だけの設定だからです。

小説ではネビルとルーナのシーンは一切ないのです。

映画だけ付き合うというふうにしたら、元々の設定とは変わってしまうのであのような微妙な感じになってしまいました。

少しだけロマンスを付け足そうという勢いでルーナとネビルのシーンを映画だけの設定として付け足したのかと思われます。

なので実際はお互いに恋愛心はないですし、付き合おうとも思っていないのです。

ルーナは誰と結婚した?

ではルーナは誰と結婚したのでしょうか?

それは、

ロルフ・スキャマンダーという人物です。

彼はハリポッターの作品内では登場しておらず、名前だけの人物ですが、

ホグワーツに指定されている教科書「幻の動物とその生息地」の著者ニュート・スキャマンダーの孫です。

2人は子供も生まれていて、

ライサンダーとローカンという双子を授かっています。

まとめ

・ネビルはハンナ・アボットと結婚する
・ネビルとルーナのシーンは映画だけで小説ではない。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.