気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ニセコイの結末がひどいし最悪?実写化映画がひどいと批判されていることも

 

 

ニセコイの実写映画が2018年12月21日に上映されますね!

原作ファンとしては実写化となるとどっちに転がるかわからないので不安ではありますが、

楽しみではあります!

中島健人さんと中条あやみさんがどのように演技をしていくのかも気になりますよね。

そこで今回はニセコイについてですが、

ニセコイの結末がひどいし最悪?という点と実写化映画と原作漫画との違いについて解説していきたいと思います。

ニセコイの25巻(最終巻)を無料読みする方法は?結末のネタバレについても


ニセコイについて

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニセコイ 1【電子書籍】[ 古味直志 ]
価格:410円 (2018/11/28時点)

 

楽天で購入

 

 

ニセコイは古味直志によって描かれた漫画作品です。

2011年48号から2016年36・37合併号まで連載されていました。

全話で全229話となっており、コミックスは25巻まで発売されています。

累計発行部数は1200万部を突破しています。

アニメ化もされており、

第1期が2014年1月~3月まで放送され、第2期が2015年4月~6月まで放送されました。

物語は、

地元でも有名なヤクザの元に生まれた男子高校生の一条楽が主人公となっている、

高校生を舞台にした恋愛ラブコメディとなっています。

ニセコイの結末をネタバレ

ニセコイといえば千棘と小野寺と楽の関係がどうなるかという部分が一番重要な部分です。

3人が最後どうなったのかについて結末を書いていきます。

 

まず「小咲と楽」です。

楽が岡の近くまで向かうと、小咲と楽が合流します。

前まで楽は千棘と小咲のことをどっちも好きになっていましたが、

もうその日には本当の気持ちに気づいて気持ちが固まっていました。

小咲はそれに気づいており、

最後のチャンスだと悟って、楽に告白します。

しかし、

楽は涙を流し、小先も涙を流します。

楽は今好きなのは千棘であることを伝え、千棘の元へ向かいます。

なので楽と小咲が結ばれることはありませんでした。

 

 

次に「千棘と楽」です。

楽は丘の上にようやくつきます。

そこには千棘がいて、背を向けていました。

楽は背を向けたままの千棘に声をかけます。

千棘はこの時点では楽の約束の相手が小咲ということを知っていたので、

小咲の元に行くように促します。

しかし、楽は動じずに話を始めます。

「出会いは最悪だったけど、もう一度千棘とお腹のそこから笑いたい」

と思っていることを全部口にします。

そして千棘のことが好きなことも伝えました。

千棘は自分のことを悪くいいますが、

楽が全部受け止めて、2人は抱き合います。

お互いに好きと言い合い、2人は付き合うことになります。

 

なので結末としては最後付き合ったのは千棘と楽の2人でしたね。

ニセコイの結末がひどいし最悪という評価?

やはり結末に不安を持つ人も多くいましたね。

ラブコメディなので最後に賛否が別れるのはしょうがないことではありますが、

千棘と楽のハッピーエンドを望む人、

小咲と楽のハッピーエンドを望む人、

それぞれに別れていました。

 

そして最後に千棘と楽がくっついたので小咲エンドを楽しみにしていた読者が、

「この展開はない」「千棘エンドは最悪」「結末がひどすぎる」「小咲がかわいそう」

と評価をすることになりました。

確かに物語の進み方といい最初の流れといい小咲が結末でハッピーエンドになるように進んではいましたが、

展開的には千棘とくっつくのもわかります。

楽が2人とも好きになってしまったことに関しては謎ですが、

最後ははっきりと千棘だけに絞れたのでそれだけでもよかったのではないかと思います。

小咲が選ばれなかたのは本当に可哀想で悲しいことではありますが、

作者の古味さんは最初からこのような結末にするように決めていたそうです!

個人的には小咲が好きなので最後好きだった人にケーキを作っているのはさすがに出来すぎていてさらに好きになってしまいました。

実写化映画がひどいと批判

やはり実写化となった時点でひどいと批判がありましたね。

予告の高評価と低評価も半々になっているぐらいなので、

およそ半数は実写化に納得がいっていないということです。

1番の理由として考えられるのは、

やはりキャストについてのことでしょう。

主演は中島健人さんと中条あやみさんですが、

2人がキャラに合っていないと思った方が多かったことがわかります。

さらに言ってしまえば小野寺や万里花についても多く意見が寄せられていましたね。

実写化自体がマイナスイメージなのでこのように言われてしまうのはもう仕方が無いことだと思います。

実際にアニメの実写化は成功よりも失敗したほうが多いイメージなので、

上映されてからどうなるかが鍵となりますね。

まとめ

・結末は楽と千棘が付き合う
・小咲エンドを期待していた人からの批判はある
・実写化となるとキャストとキャラが合わないため批判がおきた

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.