気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

ユーチューバーが馬鹿にされる理由は?芸能人やお笑い芸人は下に見ている?

2018/07/16
 

最近ではYouTuberの勢いが凄くてテレビなどに出演するYouTuberも現れて来ましたが、

出演した際に、芸能人やお笑い芸人の方から少し下に見られているという風潮があります。

そこで今回はユーチューバーについてですが、

ユーチューバーが馬鹿にされる理由は?という点と芸能人やお笑い芸人も下に見ている?という点について深掘りしていきたいと思います。


馬鹿にされる理由は?

YouTuberがかなり有名になってきて小学生の将来の夢ランキングでは3位になるほどの人気を誇っています。

最近ではテレビの露出も多くなりヒカキンさんやヒカルさんなどがよく出ていますよね。

そんなYouTuberですが人気になると同時に馬鹿にされる風潮があり、

数多くのYouTuberが馬鹿にされているのを見てきました。

そんな状況を見たネット上の方たちは「なんで馬鹿にされるの?」「嫉妬しすぎじゃね?」「またバカにしてるよ」というコメントや反応が多く寄せられています。

などと言った擁護する意見がおおいようです。

YouTuberは比較的に10代~20代が多いので視聴者の方も自然と10代~20代の方たちが多いのです。

なので大体ばかにするのは大人なのですがなぜ馬鹿にしてしまうのでしょうか。

以下のような理由からです。

・楽してお金儲けをするということが許せない

・労働者じゃない=無職というイメージがある

・調子に乗っていると思われている

というような感じです。

今の時代いろいろな職業や稼ぎ方がありますが、それともに様々な人がいますから賛否両論あるようですね。

楽してお金儲けをするということが許せない

一世代前はまだパソコンや携帯などがあまり普及していない時代で自分の足でお金稼ぐというのが当たり前でしたが、

今の時代はYouTuberのように「好きなことをして生きていく」といった若者が増えているのです。

大人からすると自分の足で稼いできたのになんで今の若い人たちは楽して金を稼ぐのかという考えの人が多いようです。

お金は楽して稼ぐものじゃないという考え方が強かったのです。

ただYouTuberは決して楽して稼いでいるわけではなく、企画・編集・撮影などしているだけでも1日が潰れるなんていう話がよくあります。

YouTuber=労働者じゃない=無職というイメージがある

YouTuber=労働者じゃない=無職というイメージが強い大人が多いというのが現状です。

YouTuberというのは家で撮影したりと、馬鹿みたいにはしゃいでいる印象がどうしても強くなってしまうのが事実です。

それにどこかに務めているわけではないので、働いていないという印象もつよくなってしまうのです。

昔から必死に働いてきた大人からするとどうしても若い人たちが楽しそうにやっているとしか思われないのです。

調子に乗っていると思われている

YouTuberの中には何千万も稼いでいるが人いれば、何億という巨額を稼いでいる人たちもいます。

そんな中、YouTuberというのはテレビに出ている有名人と違って素人というイメージが相当強いので、

少し子供っぽい動画や、はしゃぐ動画などを投稿しただけで「調子に乗っている」「バカしかいない」とすぐに馬鹿にされてしまうのです。

芸能人やお笑い芸人も下に見ている?

今ではYouTuberの知名度は底知れないものを持っていますが、

それに反して芸能人やお笑い芸人などはYouTuberを下に見ているという傾向がありますよね。

そのような傾向が見られるたびにネット上では「下に見るのムカつく」「YouTuberのがすごくね?」といった非難の声が殺到してまいす。

コメントでもある通り芸能人や芸人の方たちはYouTuberのことを素人として扱っているところがあるのです。

芸能人や芸人はテレビに出ているということからプロとしてやっているという気持ちが強すぎる分、

「好きなことで生きていく」というコンセプトのYouTuberどうしても素人というカテゴリーで見えてしまうのでしょう。

稼ぎ方は一緒?

YouTuberも芸能人もいってしまえばお金も出どころは同じということになります。

芸能人などのテレビに出ている人はCMの広告収入で成り立ってる番組に出で給料をもらいます。

YouTuberも動画に広告を貼ってその再生回数によってお金が決まります。

なのでどっちも稼ぎ方は広告収入なのです。

形態は少しちがうものの仕組み自体は殆ど同じなので、

正直言うとプロとか素人とか言えなくなってしまうんですよね。

まとめ

・YouTuberが馬鹿にされてしまう理由は「楽してお金儲けをするということが許せない」「労働者じゃない=無職というイメージがある」「調子に乗っていると思われている」などからきている

・芸能人やお笑い芸人はYouTuber素人だという意識が強いため下に見る傾向がある

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



Comment

  1. 西本剛 より:

    芸能人
    『芸能』人
    ユーチューバー
    『YouTube』をしてる人
    ここの違いでしょう

  2. 匿名 より:

    YouTuberってちゃんとした仕事につけない
    ニートの上の人達だろ
    要するにバイトして生きてる人らの上位みたいなもの
    知能低い、モラルの欠片もない
    迷惑行為しまくって再生回数稼ぐアホの集まり

  3. 売れない中身 より:

    売れない中の人の一つの意見としましては、
    ツイッターやら、ネットで見かける、「著作権関係を無視してゲームやらの実況やらをしている」のは、許せない気分になります。
    許可を得てやっているなら、自分としては全然良いと思います。ただ、無許可なのはいけないと思います。許可を得てやっている方も一部には居るのでしょうが、無許可な方が多い気がします。

    自分は気にしませんが、「オーディション等を受け、企業に認められて活動する事をしていない」のも、芸能人の方は嫌なのかも、知れません。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.