気になったニュースやエンタメを取り扱う情報サイト

相撲で女性はなぜ土俵入り出来ないの?非常事態でも乱入してはいけない?

2018/07/16
 

土俵上であいさつをしていた多々見良三市長が急に意識がなくなってしまうという

ビッグニュースが飛び込んできましたね。

そのときに女性が看護のために土俵に上がり救命処置をしようとしたところアナウンスで女性が土俵から下りるよう促されてしまうとう事がありましたね。

そこで今回は相撲に関してですが、

相撲で女性はなぜ土俵入り出来ないの?という点と非常事態でも乱入してはいけない?という点について深掘りしていきたいと思います。


相撲の歴史について

相撲をさかのぼると中世の時代からあるのですが、

今のような相撲に近づいたのは奈良時代に入ってからでした。

奈良時代までの相撲では、殴る・蹴るという喧嘩のようなものが当たり前でした。

それが続いた結果死人が出てしまうという事件が起こりました。

四十八手や作法礼法や禁じてや決まりてなど、ルールを設けることで変わっていったとのことです。

そこから国技として扱われるようになったのは明治時代のことです。

ただこの明治時代には東京府が出した裸体禁止令というものが出されていて、相撲存続の危機に陥ってしまいます。

ですが、相撲会所と東京相撲が相撲は残すべきものと示し続けた結果、東京警視庁に認められ相撲の存続が決まりました。

なぜ土俵入り出来ないの?

土俵内で倒れた視聴を助けに行った女性がまさかの降りてくださいと言われてしまうという不思議なニュースがありましたが、

な女性は土俵入りが出来ないのでしょう。

・いつからだめなのか

・女性差別ではないのか

・伝統だからだめなのか

というような意見が飛び交っていますね。

いつからだめなの?

江戸時代までは相撲というのはもともと男だけではなく、女性もするようなスポーツでした、

女性禁制ということもなく、かなり流行っていたんだとか。

ですが明治後半くらいに外国の文化が入ってきたことや男尊女卑や終身雇用などの風潮が生まれたため、今の時代に女性が組み合う姿がよろしくないということになり、

土俵に女性は入れてはいけないというように定められてしまいました。

女性禁制の歴史は自体は浅いのですが、その時から今もなお続いているというわけです。

女性差別なの?

女性禁制ということで女性差別のようにも感じますが、女性を見下しているとか、女性の立場がひくいというわけではなく、

土俵に女性を上げると神様がヤキモチを妬いてしまうという理由からのようです。

というのも、相撲が始まった理由として農作を祝う儀式で神様に強い男たちのぶつかり合いを楽しんでもらうというところから始まったのです。

なので神様のことを思ってのことなので女性差別というわけではないのですが、

男女が均等の今の時代に、男性が独占するようなものだとやはり問題が大きいようです。

それに市長が倒れたしまった1件のときに女性が土俵を降りた後に、大量の塩が撒かれるということがあり、

コレは女性が土俵に上がったことで、土俵が汚されたという意味ではないかということでもかなり問題になりました。

伝統だから?

女性を土俵に入れないということに対して昔からの伝統だからという意見があるようですが、

女性禁制が定まったのが明治のことで、日本の史書には采女(女性)による女相撲から始まったという説もありました。

なので女性禁制を伝統として扱うのは難しくなってくるのです。

女性禁制のせいで大問題となってしまった事件が、1987年の「ちびっこ相撲」で勝ち抜いて決勝にいったものの、

女の子ということで土俵にあがれなくて出場ができないというようなものです。

女性禁制というのはかなり難しい問題なのです。

非常事態でも乱入してはいけない?

市長が倒れてしまったあの非常事態でも、すぐにアナウンスで「女性は降りてください」言われてしまいましたね。

日本相撲協会は非常事態だからといって女性禁制を破るということはないようです。

2000年にも太田房江大阪府元知事が直接土俵に上がり、優勝力士に祝勝をしたい、と申し出ましたが、

日本相撲協会はそれは女性だからだめ、という理由から却下されたんだとか。

日本相撲協会どんないかなる時でも、女性禁制を守るというのが伝統という固い意思があるようですね。

まとめ

・女性が土俵禁制な理由は、文明開化や男尊女卑などの風潮からきている

・非常事態でも、日本相撲協会は伝統やルールのため女性禁制を守るという固い意思がある

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© みんなの気になるニュース , 2018 All Rights Reserved.